今日の絶景

今日の絶景

夏の緑と好対照をなす白馬大雪渓は
ひんやりと涼しい天然のクーラー

Magnificent View #1034
白馬大雪渓(長野県)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimage

 白馬岳(しろうまだけ)は、長野県と富山県にまたがる標高2932メートルの山。

 夏の白馬岳の主役は、美しい高山植物だ。コマクサやハクサンイチゲ、ウルップソウ、チシマギキョウなどが広大な斜面に咲き誇り、大雪渓と美しいコントラストを描いている。

 真夏でも広大な雪景色が広がる白馬大雪渓は、日本三大雪渓のひとつ。山の上から吹き降ろす風は雪渓で冷やされ、真夏でもひんやりと冷たいことから、「天然のクーラー」とも呼ばれている。

 高山植物開花の最盛期は7月中旬から8月中旬にかけて。運が良ければ、雷鳥にも出会えるかもしれない。そんなことから、この時期は登山客が急増。大雪渓に続く人々の列は、夏の風物詩のひとつとなっている。

2016.07.30(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ