今日の絶景

今日の絶景

京都タワーの高さは地上131メートル
その数値は何に由来するか知ってる?

Magnificent View #1024
京都タワー(京都府)

(C)Rudy Sulgan / Masterfile / amanaimages

 京都駅烏丸口を降りた人々を最初に迎えるのは、地上131メートルの京都タワー。市内で最も高い建物で、展望台からは街を360度見渡すことができる。

 東海道新幹線開通と同じ1964年に開業。白い円筒状の外観は、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたもの。高さは、当時の市の人口が131万人だったことに由来するのだそう。

 このタワーの建設計画が発表された際、運営会社には抗議文や勧告文が殺到、反対の抗議集会まで行われたという。完成した当初は、「古都にふさわしくない」「景観を破壊するものだ」という意見が圧倒的に多く、市民には決して歓迎されていなかった。

 開業して50年以上経った現在では、街のランドマークに。京都のほぼどこからでも眺められるこのタワーは、地元の人にとっては、まさに灯台のように、街を見守る存在となっている。

2016.07.20(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ