CREA厳選! イケメン青田買い

CREA厳選! イケメン青田買い

『日本で一番悪い奴ら』で映画デビュー!
「デニス」の“行雄ちゃん”こと植野行雄

 綾野剛が悪徳警官を熱演する映画『日本で一番悪い奴ら』で、S(スパイ)の一人となるパキスタン人のラシードを演じる植野行雄。アヤしいルックスながら、お笑いコンビ「デニス」の“行雄ちゃん”として親しまれる彼の意外な経歴とは?

上京後、向井理と同じ飲み屋で働く

――大阪出身の植野さんですが、上京してきた理由は、お笑い芸人を目指してですか?

 高校卒業後は、大阪でチャラチャラしていて、当時付き合っていた彼女と結婚すると思っていました。20歳のときに、お父さんがブラジルに引っ越すって言い始めたんです。お母さんは付いて行くって言ってるけど、会社員のお姉ちゃんは大阪残ると言って。それで僕は、東京に行くことを決めたんです(笑)。

――その頃は、お笑いには興味がなかったということですか?

 人前で話すことは好きだったのですが、それを職業にしようとは思ってもいませんでした。だから、上京してすぐは大阪時代の友達の家に入り浸ってました。植野行雄の名でこのルックスだから、それまでバイトも受からなかったのが、知り合いの紹介で西麻布の飲み屋でバイトを始めたんです。芸能人がよくいらっしゃる店で、向井理くんも働いていました。常連だったYOUさんには週2、3回でご飯をごちそうになっていて、生活用品もいただいてました。それで、その後にアパレルメーカーに勤めたんです。

――まだ、NSC東京(吉本興業の養成所)には行かれないんですね。

 大手メーカーで3年ぐらい働いていたんです。でも、別に服に興味があったわけでもないので、ほかの人たちのように独立する思いもなく……。気付いたら27歳になっていて、周りの「一度、本当にやりたいことをやったら?」という意見もあって、やっとNSCに行くことを決めました。でも、1年通って辞める予定だったんです。

<次のページ> ヒゲはフレディ・マーキュリーを意識

2016.06.24(金)

文=くれい響
撮影=榎本麻美

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ