今日の絶景

今日の絶景

すっくと立つ仏像と寝転ぶ仏像が並ぶ
ミャンマーの田舎のユニークすぎる風景

Magnificent View #921
ボーディータタウン(ミャンマー)

(C)Albert Normandin / Masterfile / amanaimages

 山の上に堂々と聳える巨大な仏立像と、その足元にある巨大な寝釈迦像。敬虔な仏教国で、なんともダイナミックな風景が見られるのは、中部にあるボーディータタウン村だ。

 立像はレーチョン・サチャー・ムニと呼ばれ、2012年に完成したもの。台座を含めて高さ129.2メートルと、世界最大級を誇る。鎌倉大仏の約10倍といえば、その大きさがイメージできるだろうか。

 33階建ての内部に展示されているのは、下の階から上の階へと続く、輪廻転生を表現した絵。27階の展望台までは、エレベーターで昇ることも可能だ。まるで仏教のテーマパークのような場所だが、見学は入場料無料と太っ腹。この仏像はサイズのみならず、度量も大きいのだ。

 立像の前に横たわるのは、シュエターリャウンと呼ばれる全長111メートルの寝釈迦。こちらも内部に、仏教に関する展示物が置かれている。

 これらのほかにも、ボーディータタウン村にはあらゆる仏像が立ち並ぶ。現在も続々と製作中で、目標は1万体なのだという。

2016.04.08(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ