Magnificent View #788
ストックホルム市庁舎(スウェーデン)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スウェーデンの首都ストックホルムの中心地、メーラレン湖に美しい姿を映すのは、市庁舎。1923年に完成したこの建物は、建築家ラグナル・エストベリが、ヴェネツィアにあるドゥカーレ宮殿をモデルに設計したものだ。

 ここは市議会が開かれる場所であると同時に、毎年12月10日に行われるノーベル賞記念晩餐会の会場としても知られている。レンガ造りの「青の間」では晩餐会が、金箔のモザイクで飾られた「黄金の間」では舞踏会が催される様子を、ニュースで目にしたことがある人も多いことだろう。

 館内は見学が可能で、ガイドツアーも催行。人気を集めているのが、地下にあるレストランだ。メニューは1901年から前年までの晩餐会で出された料理を再現したもの。料理だけでなく、ワインや食器まで忠実に再現されている。ここでしか味わえないノーベルディナーを食べれば、華やかな晩餐会の気分をにわかに味わうことができそうだ。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.11.27(金)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!