今日の絶景

今日の絶景

無神論者カストロがかつて弾圧した
キューバの首都に立つカトリック教会

Magnificent View #720
ハバナ大聖堂(キューバ)

(C) R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 ハバナの旧市街でも、最も古い時代の雰囲気が残るエリアに立つこの建物。正式名称は「サン・クリストバル大聖堂」だが、「ハバナ大聖堂」の通称で人々に愛されている。建物の完成は1776年。白を基調としたバロック建築で、高さが異なる2つの塔を持つ。

 スペインの植民地だったキューバはもともと、国民の多くがカトリック教徒だった。だが、キューバ革命以降、かたくなな無神論者だった最高指導者のカストロは、キリスト教弾圧政策を実施。この大聖堂を訪れる人も一気に減少した。

 大聖堂がにぎわいを取り戻したのは、1996年のこと。カストロがバチカンを訪問して弾圧政策を放棄し、和解。その2年後には、ローマ教皇のヨハネ・パウロ2世がキューバを訪れたことで、ここにふたたび人々が集まるようになった。

 2005年にヨハネ・パウロ2世が死去した際は、カストロもこの聖堂で行なわれたミサに参列。現在は、カトリック教徒や地元の人だけでなく、多くの観光客でにぎわう街のシンボルとなっている。

2015.09.20(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ