今日の絶景

今日の絶景

長崎で平和を祈り続ける像のモデルは
昭和を代表する有名プロレスラー?

Magnificent View #717
平和祈念像(長崎県)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を表し、軽く閉じた瞼は原爆犠牲者の冥福を祈る、平和祈念像。被爆10年後の8月8日に完成したこの像は、爆心地だった平和公園のシンボルでもある。

 作者は、長崎県出身の彫刻家、北村西望。像のモデルが誰であるかは諸説あり、長崎県に暮らしたことがあるプロレスラーの力道山という説も。だが、像の像台座後部に刻まれている作者の言葉には、「顔は戦争犠牲者の冥福を祈る 是人種を超越した人間 時に仏 時に神」と記されていることから、特定の人種の特徴を表さないように造られたとされている。

 完成から44年の歳月が経った2000年には、経年劣化による損傷が激しかったことから、本格的な修復工事が行なわれた。原爆が落とされた8月9日、この像の前では平和祈念式典が毎年行われ、全世界に向けた平和宣言がされている。

2015.09.17(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ