カリフォルニア ディズニーランド 60周年を迎えた夢と魔法の国

カリフォルニア ディズニーランド 60周年を迎えた夢と魔法の国

カリフォルニア ディズニーランドは
大人の女も絶対童心に帰れる場所!

 2015年で開園60周年を迎えた「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」。なかでも、ウォルト・ディズニーが1955年に世界で最初にオープンした「ディズニーランド・パーク」は、いわば原点。

 ゲートを入ってすぐのノスタルジックな町並みが続く 「メインストリートUSA」から、理想の未来を彷彿とさせる「トゥモローランド」まで、8つのテーマランドに分かれた夢の世界を探訪します。

ノスタルジックな街並みはウォルトの故郷がモデル

「ディズニーランド・パーク」のアイコンと言えば、やっぱり眠れる森の美女の城とミッキー&ミニー。

 「ディズニーランド・パーク」に入ってすぐの「メインストリートUSA」は、ウォルト・ティズニーが育った20世紀初頭のミズーリ州マーセリンの街にヒントを得ているという。

左:入り口近くにあるシティ・ホール(市庁舎)は、案内所。
右:街角のダッパーダンズ・カルテットは大人気。

 ノスタルジックな街並みには、ちゃんとシティ・ホール(市庁舎)や消防署なんかもある。そして、エンポリアム(百貨店)はギフトショップとして、ジュエリーショップはアクセサリーショップ、オペラハウスはアニメーションを使った展示場、シティ・ホールは案内所というように、なんとなく現在とリンクしていて、本当にその時代に迷い込んだような気分になる。ここからすでにディズニーランドのマジックは始まっている。

街並みにぴったりのクラッシックな消防署の車。
「ファンタジーランド」までゲストを運ぶ車も雰囲気に馴染む。
キャンディ・ショップで売られているお菓子もこんな風。

<次のページ> 60以上のアトラクションを効率的に楽しむコツ

2015.07.26(日)

文・撮影=小野アムスデン道子

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ