気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

将来のカリスマシェフ!? 
若き料理人たちの味をローマで先取り

シェフの卵たちの料理が味わえるローマのレストラン「スパツィオ」

シティ・エアーターミナルの跡地を再利用したイータリー・ローマ店は世界最大の規模を誇る。

 各地への店舗展開を積極的に続けるフード・マーケット「イータリー(Eataly)」。なかでもローマ店が世界最大規模を誇ることは2年半前のこのコラムでご紹介したが、先日、久しぶりに仕事でイータリーへ足を運んでみたら面白い店を発見! 早速、日をあらため、友人を誘ってランチを取ることにした。

イータリー・ローマ店3階(日本式の4階)にあるレストラン「スパツィオ」のエントランス。
クリスピーに仕上げたポテトを載せたジューシーな鶏肉。付け合せのほうれん草、パプリカのキャラメルソースがさらに肉の味を引き立てる。

 4フロアあるイータリー・ローマ店の最上階は、料理教室に使われるキッチンスタジオやバンケット(宴会)スペースがその大部分を占めており、イベントがない限り、人の往来はほとんどない。だからつい見落としてしまいがちなのだが、実は、その一角にレストランが1軒だけ存在する。

 そのレストランが、2014年11月末から今イタリアで最も注目されている若手シェフのひとり、ニコ・ロミートがプロデュースする店「スパツィオ(spazio)」へと様変わりしていたのである。しかし、それだけでは「面白い店」には値しない。同店が非常に興味深いのは、イタリア食業界の将来を担う(かもしれない)シェフの卵たちの料理が味わえるところにあるのだ。

通りに面した大きなガラス張りの店内。昼は明るい陽射しが心地よく、夜は夜景を目にしながら食事が楽しめる。
ガラスで仕切られた厨房で忙しそうに作業に没頭する将来のシェフたち。
1人前を2人用に分けてもらったのは、カブの葉、アンチョビ、ペペロンチーノのソースを和えたガロファロのフェットゥチーネ。

<次のページ> 入学を許されるのは厳しい審査を通った者だけ

2015.01.26(月)

文・撮影=村本幸枝(アッティコ)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ