夏の京都で食べたい、個性派かき氷

夏の京都で食べたい、個性派かき氷

1杯で5度おいしい彩り蜜のかき氷
京都・二條若狭屋の「彩雲」

京都氷界の大型新人、ゾクゾク!

 ニューフェイスが急増中の京都かき氷界から、目が離せない。ただ甘いだけじゃない、味や組み合わせのひと捻りが魅力のかき氷。それはわざわざ出掛けたくなる、大人のときめきおやつ。

» 第2回 さるやの「黒糖ミルク」
» 第3回 茶寮翠泉の「抹茶あわ雪氷」
» 第4回 木と根の「本日のかき氷」
» 第5回 祗園NITIの「天然氷のかき氷(プリン)」

[二條若狭屋 寺町店]
べっこう飴、スイカ、キウイ……多彩なシロップが揃う

シロップ、左からべっこう飴、スイカ、キウイ、オレンジ、甘酒。

 折々に変わる5つの蜜が楽しいと評判なのは、老舗菓舗が展開する甘味処。手がきのふわふわとボリュームある氷も、旬の果物蜜や自家製甘酒蜜を試すうち、瞬く間に完食。1,400円。

二條若狭屋 寺町店
所在地 京都市中京区寺町通 二条下る榎木町67
電話番号 075-256-2280
営業時間 10:00~17:00(日、祝日~17:00) ※販売 9:00~18:00
定休日 水曜日
カード 可能
販売期間 通年

<この記事の掲載号>

CREA 2014年8月号

食べて、寝て、遊ぶ!
夏の京都でできること。

定価780円

2014.07.16(水)

文=大和まこ
撮影=福森クニヒロ

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2014年8月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ