今日のおやつは、いま話題のバスクチーズケーキを、カップでいただける新商品「めるてぃバスク」です。

カップスタイルの脱力食感スイーツ「めるてぃバスク」(680円)。「the AIRSTREAM GARDEN」にて2019年7月22日(月)販売開始。

 バスクチーズケーキとは、スペイン北部、美食の街として知られるバスク地方で生まれたチーズケーキで、表面に黒い焦げ目がついていることが特徴。

 レアとベイクドの中間の味わいが楽しめるとあって、じわじわと人気を集めています。

 そんな注目のバスクチーズケーキ界に新星が登場。カップスタイルのバスクチーズケーキ「めるてぃバスク」です。

 今月CREA WEB編集部に異動してきた、スイーツと餃子とお酒とイケメンには目がない(!)ハラペコM子。さっそく試食に出かけました。

 「めるてぃバスク」が販売されているのは、表参道駅から徒歩3分の「the AIRSTREAM GARDEN」。キャンピング・トレーラーがカフェとして使われている、解放感あふれるスペースです。

トレーラーの内部と外のウッドデッキに、机といすが若干数置いてあります。テイクアウトもOK。

 「めるてぃバスク」のフタをあけてまず目に飛び込んできたのは、バスクチーズケーキの証である真っ黒な“おこげ”。これはインパクト大!

今回はアイスコーヒー(400円)といっしょにいただきます。

 ひとくち食べると、レア寄りのやわらかいチーズケーキが口のなかでふわっととろけます。“めるてぃ”という名前通り、なめらかな口どけ。

 メインで使われているのは北海道産のクリームチーズ。濃厚なチーズ感を感じつつも、隠し味としてサワークリームが入っており、あと味はすっきり。

 そこに黒い“おこげ”のほろ苦さがアクセントになって、全体として甘すぎない仕上がりになっていました。これはパクパクいけちゃいます!

 カップのサイズは、ハーゲンダッツのアイスよりも少し大きいくらいで、ちょうどよく、小腹が満たされました。

 持ち運べるので、食べ歩きにもぴったりですね。お手頃な値段と量、なにより話題性抜群なので、手みやげとしても使えそうです。

 ごちそうさまでした♪

≫編集部員がトライした「バスクチーズケーキ」の記事

the AIRSTREAM GARDEN

https://airstream-garden.com/

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2019.07.29(月)
文・撮影=CREA WEB編集部