ブームをおこしているバスクチーズケーキが、なんとオフィス街のCREA WEB編集部近くにもありました!

 行く先々で「人気のバスクチーズケーキ販売!」という文字を横目にしながら、食べる機会のなかった古参編集部員Kですが、ようやくチャンス到来!

生クリームがふんわりの「バスク風チーズケーキ」(580円)。

 訪れたのは麹町駅から徒歩4分ほどのカフェ「イイジカン」。午後2時、ランチにはいい時間と思ってうかがいましたが、親子や仕事仲間のかたがひっきりなしに入っていきます。

この扉の向こうに……イイジカン?
ちょっとレトロな内観が落ち着く。14席ほどの小さな空間。

 ケーキの前に、ますはランチで腹ごしらえ。今日は伊達鶏カレーと、台湾のルーローハンをいただく、欲張りな「あいがけセット」(1,050円)をチョイス。

ミニサラダに加え、ポテトサラダなど3種の付け合わせも。

 伊達鶏カレー(右)は、ダシのよく出る伊達鶏をメインにスパイスをきかせた一品。赤ワインや煮干しも使って、人参など野菜の姿形が見えなくなるほど煮込まれています。

 一口いただくと、ほんのりした辛さと、味わったことのない複雑な爽やかさが広がります。一瞬、フルーツの存在も感じられ、不思議とおいしい! 「バナナも使っているんですよ」と聞いて、納得です。

 対する、ルーローハンはしっかり味。八角の香りがふっと漂い、でも日本人が食べやすい醤油の煮込みに仕上がっています。

 台湾のおふくろの味に、日本テイストがいい感じに加わった一品。味の滲みた煮卵が、さらにおいしさを引き立ててくれます。

 セットを平らげて、いよいよメインのデザート!

見た目はワイルド、でも味は繊細。ランチにプラス500円でドリンクも。

 このバスクチーズケーキも、黒々とした“おこげ”の存在が圧巻! 恐る恐るフォークを入れると……ホロッと切れます。

 キャラメリゼされたおこげは、意外にもあっさり味。みっちり詰まった重厚な生地も予想外に軽いテイスト。あま~いスイーツというより、素材そのものを堪能できるライトなケーキです。滑らかな食感も◎。

 添えられた生クリームの優しい甘さがすべて包み込み、この三位一体がイイカンジ! ボリューミーな見た目に食べ切れるか心配しましたが、するするっといただけました。

 お酒にも合いそうで、甘いものが苦手な男性にもおすすめです。

あっという間に完食。

 ほかにクラシックプリンなどのスイーツもあり、期待できそうな予感。

 あらためて、ごちそうさまでした♪

 ≫編集部員がトライした「バスクチーズケーキ」の記事

「イイジカン」は、近くの「post食堂」の姉妹店。

イイジカン

所在地 東京都千代田区麹町3-10-8 cooee麹町
電話番号 03-6261-4069

ポスト食堂

http://postsyokudo.com/

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2019.07.30(火)
文・撮影=CREA WEB編集部