vol.23 ブレスレット
 「フォーエバーマーク
  Two D コレクション」

左:バングル「フォーエバーマーク Two DR コレクション」。 上から:(PG×ダイヤモンド) 240,000円、(WG×ダイヤモンド) 190,000円、(YG×ダイヤモンド) 190,000円、(WG×ダイヤモンド) 240,000円/フォーエバーマーク(伊勢丹新宿店 本館4Fジュエリー&ウォッチ)。
右:バングル「フォーエバーマーク Two DR コレクション」。 手首側から:(WG×ダイヤモンド) 240,000円、(YG×ダイヤモンド) 190,000円、(WG×ダイヤモンド) 190,000円、(PG×ダイヤモンド) 240,000円/フォーエバーマーク(伊勢丹新宿店 本館4Fジュエリー&ウォッチ)。オールインワン 33,000円/オズマ(エストネーション)。
※記事内のPG=ピンクゴールド、YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドを表します。

 夏に向けて、肌を露出する機会が多くなる季節に重宝するのがバングル。

 特に肌を見せる分量が多くなる腕は、何もしないと、どうしても生っぽさが残り、まるで裸でいるような感じがしてしまうので、スタイリングするときには、必ずバングルかブレスレットで光を足すようにしています。

 揺れ動くブレスレットは女らしいエレガントさを強調したいとき、バングルは、凜とした強さのある美しさを表現したいときに使うことが多いです。

 今回ご紹介した「フォーエバーマーク Two D コレクション」のオープンタイプのバングルは、地金の色違いや、中央のダイヤモンドを囲むパヴェのあしらいが違うなど、似たデザインでバリエーションが楽しめるのが魅力です。

 地金の色をミックスしたほうが遊びが出てラフ感が演出できるので、デイリーなスタイルには、あえて色を混ぜて数本を重ねるようにしています。

 ダイヤモンドも、さりげなく光が感じられるくらいのほうが今っぽく仕上がります。

 忙しい朝には、手軽につけられるというのも大事なポイント。このバングルのようなオープンタイプだと、さっと装着できるのもいいですね。

 数本重ねたバングルが放つ複雑な煌めきは、大人の肌を美しく照らしてくれる魔法の光。

 この夏、ぜひ挑戦してみてほしいと思います。

季節を問わず、片方の手に3~5本のバングルを重ね付けしている伊藤さん。「体調とか気分に合わせてつける本数は変えていますが、何もしていない日はありません。私にとって、バングルは、お守りのような存在ですね」

伊藤美佐季(いとう みさき)

ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。女性誌のほか有名女優からも支持が厚く、講演などでも活躍。ジュエリーの楽しみ方に関する初の著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)発売中。

Column

伊藤美佐季のセンス・オブ・ジュエリー

ジュエリーディレクターの伊藤美佐季さんが指南する、大人のためのジュエリーの選び方と、つけ方のエッセンスを連載でお届けします。

2019.06.04(火)
Styling=Misaki Ito
Photographed=Masami Naruo(SEPT)
make-up=Tomohiro Muramatsu(sekikawa office)
hair=kazuhiro naka(KiKi inc.)
text=Miwako Yuzawa

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。