都市部においても森や海が人々の身近にあるデンマーク。多くの美術館が自然を取り入れた環境をテーマにしている。元富裕層の邸宅、王室の離宮、著名女性作家の生家など、異なる年代の建物や庭でアートを身近に感じたい。


「フローラ・ダニカ」の
繊細な美しさに感嘆

●ローゼンボー城

オランダルネサンス様式の城。庭園は“王様の庭”と呼ばれ、市民の憩いの場だ。

 王室の夏の離宮として1606年に建てられたローゼンボー城は、市内中心部の観光名所のひとつだ。

 人気があるのは王族の王冠や宝飾品が並ぶ地下の展示室だが、最上階の「フローラ・ダニカ」などの食器が飾られた部屋も、器好きなら見逃せない。

最上階のフローラ・ダニカの部屋。王族のポートレート入りの花瓶は現在では作られていない一点物。

 フローラ・ダニカは、現在もデンマーク王室御用達のロイヤルコペンハーゲン社で作られているが、ここにあるのは、1790年から1803年にかけてのもの。

 当時のロシアの君主、エカテリーナ2世へ献上される予定だったが、完成前に彼女が亡くなったため、国内にとどまったのだ。

磁器の花々。繊細な手仕事に感嘆する。

 ちなみに、フローラ・ダニカとは、デンマークの植物図鑑。絵付け師はそこからモチーフを選び、アレンジして描くため、一つとして同じパターンがないのが特徴だ。

 また、王族のポートレートが付いた花器には繊細な花々が施され、当時の王室の豪華な暮らしを物語っている。

廊下には歴代の王の肖像画やブロンズ像などが飾られている。

ローゼンボー城

所在地 Øster Voldgade 4A, København K
電話番号 3318 6047
開館時間 10:00~15:00(~12月22日、31日、1月2日~4月30日は~16:00)
休館日 月曜、12月23~25日、1月1日
※5月1日以降の開館時間、休館日についてはHPで要チェック
入館料 110デンマーク・クローネ
http://www.kongernessamling.dk/en/rosenborg/

Feature

美しい美術館の宝庫
デンマークでアート体験

Text=Chieko Tomita
Photo=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

知られざる世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号

知られざる
世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。