紅茶の国、英国でも珍しい、紅茶ベースのカクテルを提供する「紅茶バー」がコヴェント・ガーデンに登場しました。

バングラデシュ語の文字をモチーフにしたカラフルな外装。

 靴屋さんやトイレタリー用品の専門店などが集まるニール・ストリートにオープンした「ティトゥーリア(Teatulia)」は、カクテルやお茶を飲みながらゆっくり読書ができる新しいスポット。

フルーティーなフレーバーとさわやかなミントが好相性の「ビルダーズ・バーボン」。©Jason Bailey
バターキャラメルの綿菓子と一緒にサーブされる「チャイ・スパイスド・ホット・トディ」。©Jason Bailey

 店内に足を踏み入れると、窓際にはカウンター席、そしてゆったりとしたソファでお茶が楽しめるテーブル席も用意されています。

落ち着いた雰囲気の店内。読書をするにもぴったりの空間です。

 メニューには紅茶をベースとしたマティーニやモヒートなどのカクテルが5種類(各10ポンド)。

ワサビの刺激がきいたスパイシーな「ジンジャー・スナップ」。©Jason Bailey
クラシックなカクテル、モヒートをアレンジした「レモングラス・モヒート」。©Jason Bailey

 さらに紅茶や烏龍茶、緑茶など8種類のお茶が楽しめます(カップ3ポンド、ポット5ポンド)。

レモングラスティーはレモングラスにローリエをブレンド。茶葉なしのハーブティーです。
たっぷり飲みたい時は、ポットでオーダー、がおすすめです。

 紅茶の知識のあるスタッフが、しっかり茶葉を計量、まじめにいれたお茶は水色もアロマも完璧で、コーヒーよりもお茶、という人には嬉しいお店です。

茶葉の重量はしっかり計測。まじめにお茶をいれてくれます。
カップでお茶をオーダーすると、こんなトレーでサーブしてくれます。

 もちろん、お土産用に茶葉やティーバッグを購入することも可能です。

気に入った茶葉の購入も可能。ティーバッグもあります。

文・撮影=安田和代(KRess Europe)