「長生きみそ汁」は自律神経と腸を整える「最強の食事」と話題です。その健康効果や選りすぐりのレシピを、考案者の順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんの著書からご紹介します。

 みそ、玉ねぎ、りんご酢を組み合わせた「みそ玉」を利用すれば、出汁を使わなくてもおいしくて体にいい「長生きみそ汁」が簡単にできます。

» 「長生きみそ汁」みその効果とみそ玉の作り方


じゃがいもと
コーンのみそ汁

じゃがいものでんぷん質が
ビタミンCを熱から守る

材料(2人分)

◆1人分:215kcal、食物繊維:4.3g

・長生きみそ玉:2個
・じゃがいも:2個
・コーン(冷凍または缶詰):80g
・バター:10g

作り方

(1) じゃがいもは皮をむき、一口大に切って水でもみ洗いをする。
(2) 鍋に(1)、水300ml(分量外)を入れ、蓋をしてひと煮立ちさせてから、火が通るまで約4~5分加熱する。コーンを冷凍のまま加え、ひと煮立ちさせる。
(3) 火を止め、みそ玉を加えて溶かす。バターを添え、好みで小ねぎの小口切りを散らす。

2018.12.30(日)
文=小林弘幸
写真=長尾浩之

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!