カミュを知り尽くした男たちの
共演に心も喉も熱くなる

 いきなりですが、説明は後に回し、まずはこの写真をご覧ください。このカクテルを振るメンズの満面の笑み。なんだなんだ、楽しそうにもほどがある!

 これは2018年11月28日、神戸「SAVOY hommage」でのワンシーン。3月に行われた「カミュ・神戸フレンチハイボール杯カクテルコンペティション」で優勝した、森崎和哉さんのお店です。

 ボルドーでの「カミュを巡るコニャック旅」を10月に終えたばかりの森崎さんのお店に、カミュ・グローバル・ブランド・アンバサダーのGEO氏(ご本名はギィエルメ・ヴァルディビエゾ・ヒメネス氏)がゲスト・バーテンダーとして登場するという鼻血が出そうな情報を入手した私。

 二人の名バーテンダーがカウンターに並び、カミュ・カクテルを披露するスペシャル・ナイトとあれば、こりゃ行かねば。世界レベルのテクニックでカミュをおいしくする男たちのタッグを至近距離で拝まずしてどうするッ。

 雨降りも興奮するマイハートを冷やすのに丁度良し。傘を振り回し「SAVOY hommage」へ!

 17時30分、お店の扉を開けると、もうカウンターはお客様の笑顔でいっぱい!

 深い赤と茶をベースにした温かな空間の中、穏やかに談笑する森崎さんと太陽のようなスマイルを輝かせるGEO氏が。

「ハイ、ウェルカム!」

 ぎゃおぅハイ私早速恋に落ちた―ッ。GEO氏、なんと破壊力のあるトロピカルな笑顔なのでしょう。しかも彼、片手でカクテルをスプーンで混ぜ、もう片手でシェイカーを振るという華麗なワザをやっておられます。ひえぇ!

 実はこのGEO氏、バーテンダーとしての賞歴を書き出すと長々とページが埋まってしまうほど、世界中で数々の賞を受賞している凄まじい経歴の持ち主。現在は上海の複数のバーに携わり多忙極まりないお方です。今回がなんと初来日!

「日本のバーテンダーの技術の高さは本当に素晴らしく、森崎のレシピとインスピレーションはすごく刺激的。このSAVOY hommageは世界中の人に知ってほしいと思ってるんだ」

 と大絶賛するGEO氏。森崎さんも

「GEOは全てがいちいちカッコいいんですよ(笑)。一つ一つの動きに見惚れてしまうほど。カクテルはもちろんですが、彼の作る空気感そのものが大好きなんです」

 とニコニコと笑顔を返します。やだこのコンビ、萌える……。

 ヨッシャならばいざ、お二人のオリジナルカクテルをガッツリ体験させていただきましょう。現在、コニャックベースのカクテルブームが来ているそう。カミュという包容力溢れる味わいが、お二人のシェイク・テク二ックでどう輝きを増すか楽しみです!

2018.12.17(月)
取材・文=田中 稲
撮影=釜谷洋史

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!