ベジタリアンやヘルシー志向なローカルの人気を集め、バンクーバーのレストランシーンは野菜料理がトレンド。必ず行くべき最有力店をご紹介。


ソバと銘打つ麺料理にも
野菜がふんだん

●Bao Bei
(バオ・ベイ)

“キュウリの四川風”“ピクルス”“ナスの酢漬け” 各6カナダドル。スナックと呼ぶ前菜代わりの小皿料理。

 高層ビル化が進み、街の様子が様変わりしたチャイナタウン。

“クリスピー・ポーク・ベリー” 23カナダドル。豚バラ肉を柔らかく、あっさりと仕上げて。

 その先駆けで、豆腐工場をリノベーションしたチャイニーズ・ブラッスリー。

そばにカブやアボカド、花やハーブをふんだんにのせサラダに。16カナダドル。

 オープン当初はコンテンポラリーな中国料理だったが次第に上海、台湾のカラーを強め、現在はフレンチや和食の要素も取り入れたパン・アジア料理に落ち着いた。

バーカウンターは比較的余裕あり。古い看板など、豆腐工場だった面影を残す。

 アペタイザーにはキュウリの四川風やピクルスなどの小皿料理、ソバと銘打つ麺料理にもアボカドやチンゲン菜など野菜がふんだん。捻りのあるアレンジに魅了されるはず。

店内奥に設けられた大人数用のテーブル席。

Bao Bei
(バオ・ベイ)

所在地 163 Keefer Street, Vancouver, British Columbia
電話番号 604-688-0876
営業時間 17:30~24:00(日曜 ~23:00)
定休日 無休
http://www.bao-bei.ca/

Feature

グルメ都市バンクーバーで
野菜料理を堪能

Text=Mamiko Kume
Photo=Takashi Shimizu
Coordination=Kaz Hasegawa
Cooperation=Destination Canada

この記事の掲載号

幸せのカナダ

CREA Traveller 2018年秋号


幸せのカナダ

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。