上海で美味しい中華が
食べられるのは当たり前

上海のシンボル、高層ビルの夜景。

 中国最大の都市・上海。この街では上海料理はもちろん、広東、四川、雲南などなど、中国各地のさまざまな料理を楽しむことができます。でも、このアジアを代表する大都市で楽しめるのは中華だけではないんです。

 2018年に10周年を迎え、3月にはメニューをリニューアルしたレストラン「エル・ウィリー」についてご紹介しましょう。

ベストレストラン賞を多数受賞する
人気のスペイン料理店

個性的なインテリアも素敵です。

 「エル・ウィリー」は、毎年、さまざまな「ベストレストラン賞」を受賞しているスペイン料理レストラン。上海市内ではこのほかに、タパスバー「トマティート」と、カクテルバー「エル・オチョ」も展開しています。

左:窓際の席からは、“テレビ塔”と呼ばれて親しまれている東方明珠電視塔をはじめ高層ビル群の景色を一望できます。
右:店内にはオープンしてからこれまでに獲得した数々の賞のプレートがずらりと飾られています。

<次のページ> 絶対に食べておきたい品は?

文・撮影=ミシェル