90年代ごろに登場した東京のグルメバーガーはアメリカそのものの味ではなく、独自に進化しているのがおもしろい。どの店も7割以上が女性客なので女子ひとりでも過ごしやすい。ハンバーガー探求家の松原好秀さんが、おすすめの4軒をご紹介。

» 第1回 肉食女子垂涎! バーガー界の雄
» 第3回 NY発、体に優しい新時代バーガー
» 第4回 ちっちゃくても肉の存在感は大

飴色に炒めた玉ねぎが
赤身肉の滋味を引き立てる

◆THE BURGER STAND FELLOWS

ダブルパティチーズバーガー 2,214円。パティの重さ 300g、高さ 11cm、幅 12cm。

 旨い肉を探し求め、農場指定・部位指定のブロック肉を店で手切り。飴色に炒めた玉ねぎが赤身肉の滋味を引き立て、炭の香りが食欲をかき立てる。

「炭火でがっちり焼いたパティが最高。嚙めば嚙むほど味が出る」(松原さん)

※価格はすべて税込表記です

THE BURGER STAND
FELLOWS
(フェローズ)

所在地 東京都港区北青山3-8-11
電話番号 03-6419-7988 
営業時間 11:30~16:00(15:30 L.O.)、18:00~22:00 L.O.、日 11:30~19:00 (18:30 L.O.)
※売り切れ次第終了 
定休日 月曜(祝日の場合は翌休) 
席数 24席(うちカウンター4席)
http://www.fellows-burger.com/

●教えてくれたのは……
松原好秀(まつばら よしひで)さん[ハンバーガー探求家]
1971年生まれ。東京都出身。2004年よりハンバーガーの探求を開始。食べた個数は13年間で約3000。1日最多12バーガー。著書は『ザ・バーガーマップ東京』ほか。東京オリンピックへ向け、都内バーガー店の躍進を期待する。

2018.04.14(土)
Text=Kaori Minetsuki
Photographs=Ichisei Hiramatsu

CREA 2018年5月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

100人の東京ひとりガイド。

CREA 2018年5月号

東京がもっと、きっと好きになる
100人の東京ひとりガイド。

定価780円

東京を愛する100人の皆さんをナビゲータに、進化するホテル&ホステルから最新モーニング事情、話題のクラフトビール、看板猫にマンホール(!?) まで、今、東京でいちばん楽しい場所をご紹介します。キーワードはひとり。予約不要でふらり、気ままに春の東京を歩いてみませんか? あなただけの「東京」に出会えるはずです。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!