最旬! 街のインフォメーション

最旬! 街のインフォメーション

新宿でちょっとよりみち、がいい感じ
ひとりに優しい東京デパ地下ごはん

なんでもない日が特別に──
ワンランク上のデパ地下グルメ

 仕事終わりのいつもの帰り道。春の夜の東京は、まだ少し肌寒くて、新しい季節にちょっとだけ置いてきぼりにされた気持ちに。今夜は特別おいしいごはんを食べて元気を出したいけれど、ひとりで外食する気分じゃないし、自炊もちょっと面倒。そんなとき、頼りになるのが、“デパ地下”のお惣菜だ。

A. カカオニブとナッツの風味が香る濃厚な蜂蜜。「チーズにかける蜂蜜 カカオニブナッツ」1瓶 1,200円/チーズ王国
B. ハスカップと蜂蜜を加えた甘酸っぱい北海道産クリームチーズ。「フレッシュクリームチーズ(ハスカップ&ハニー)」1カップ(150g) 1,260円/チーズ王国
C. オランダの契約農家が作るスパイシーなゴーダチーズ。「農家製 ゴーダポワブル」100g 700円/チーズ王国
D・E. ハーブの調味液に一晩漬け込んで焼き上げたしっとりやわらかなチキン。ほくほくポテトとともに。D:「ポテト」100g 216円、E:「ロテサリーチキンハーブ」1ピース 357円/THE CHICKEN MARKET(ザ・チキンマーケット)
F・G. ジューシーでやわらかな赤身と、歯応えや旨みが楽しめるトモサンカク。食べ比べもおすすめ。F:「ローストビーフ」1パック(105g) 567円、G:「ご馳走! ローストビーフ(部位:トモサンカク)」100g 788円/Meat Pot Counter(ミート ポット カウンター)
H. フレッシュなトマトとモッツァレラをEVオリーブオイルで。「カプレーゼ」1パック(3個入) 648円/アントニオ
I. 白ワインに合う爽やかなマリネ。「シーフードマリネ」1パック(100g) 842円/アントニオ
J. もっちり生地にチーズがとろける。「カルツォーネ」1個 410円/アントニオ
K. たっぷり葉野菜にオニオン、ワイルドライスなど好みの具材をトッピング。「カスタムサラダ」864円~/サラダデリ MARGO(マルゴ)

 お気に入りのデパートは、一歩足を踏み入れると、気持ちが急に華やぐから不思議。地下の食品売場にはいつだって活気が満ちていて、季節を感じる色とりどりの食材が並び、ワクワクした気分に。

 おすすめは、2018年2月にリニューアルしたばかりの新宿・小田急百貨店の本館地下2階。最新トレンドも押さえた幅広いジャンルのごはんが揃い、ひとり用パックやお弁当も豊富で、気分に合わせた楽しみ方ができる。

彩り鮮やかな旬の野菜をたっぷりと「サラダデリ MARGO(マルゴ)」。

 健康志向の人も満足できるラインナップで、味はもちろん、体を労わってあげられるのが嬉しい。献立を考えながら、あちこち巡るうちに、自然と笑顔になっていることに気付くはず。

食事になるサラダ惣菜やお弁当が充実「SAROUND(サラウンド)」。
L. 美しい断面が自慢の「アートウィッチ」シリーズ。クアトロタマゴは煮卵、卵サラダ、厚焼き、薄焼きの4種の卵をサンドした食べ応えある一品。「クアトロタマゴのアートウィッチ」432円/SAROUND(サラウンド)
M. シャキシャキの野菜6種が美しくサンドされたカラフルSALAD。ドレッシングをかけながらサラダ感覚で味わって。「カラフルSALADのアートウィッチ」496円/SAROUND(サラウンド)
ローストビーフが自慢の肉惣菜店「Meat Pot Counter(ミート ポット カウンター)」。

 家に帰り、とっておきのお皿にお惣菜を並べると、テーブルにも春が来たみたい。素敵なごはんがあるだけで、なんでもない夜も少しだけ特別に変わる。新宿駅直結の便利なデパ地下へ、今夜はよりみちしてみよう。

野菜たっぷりな創作中華「謝謝TOKYO」。
ショーケース内のデリから2品、米または麺を1品、計3品を選べるお得なセット。
N 1品目にはスイートチリソースをからめたエビのフリッター「スイートパンジェントシュリンプ」をチョイス。
O 2品目は根菜類やかぼちゃが入った優しい味わいの「ゴロゴロ野菜の白和え」。
P 3品目は貝柱と鶏の旨みがぎゅっと詰まった「中華粥」。
3品セット 1,080円/謝謝TOKYO

今回、買い物したお店は……

◆チーズ王国[A・B・C]
  幅広い品揃えを誇るチーズ専門店

本物を求めて世界各地から集められた多種多様なチーズが並ぶ。オーダーカットにも対応するカット厨房を設けており、切りたてのおいしさが味わえる。試食ができて、食べ方の提案もしてくれるので、好みの一品が見つかるはず。

◆THE CHICKEN MARKET(ザ・チキンマーケット)[D・E]
 世界の鶏料理を集めたチキン専門店

店舗で焼き上げるロテサリーチキンのほか、ジャークチキン、フリカッセ、カチャトーラなどの鶏料理が並ぶ。ロテサリーチキンはお弁当での販売もあり。チキンとワッフルにメイプルシロップをかけた異色の「ワッフルチキン」も要注目。

◆Meat Pot Counter(ミート ポット カウンター)[F・G]
 ローストビーフが自慢の肉惣菜店

自宅で作るには手間がかかるローストや煮込み料理が食べたいときはこちらがおすすめ。人気のローストビーフは、トモサンカクなどの食べ比べパックや、野菜とミルフィーユにしたカップデリなどさまざまな商品を展開する。

◆アントニオ[H・I・J]
 手軽にイタリアンレストランの味を

南青山にある創業74年のイタリアンレストラン「アントニオ」が運営するデリ。パスタやピザ、魚・肉料理などイタリアン惣菜が勢揃いし、レストランの味わいそのまま、本格派の手作り料理を楽しむことができる。

◆サラダデリ MARGO(マルゴ)[K]
 彩り鮮やかな旬の野菜をたっぷりと

新鮮な野菜を提供することにこだわったサラダ専門店。20種類から好きなトッピングを選べるカスタムサラダは350gのボリュームで864円~と価格も手頃。デリにはフレンチと和食の有名シェフがコラボしたメニューが並ぶ。

◆SAROUND(サラウンド)[L・M]
 食事になるサラダ惣菜やお弁当が充実

和・洋さまざまなバリエーションのサラダ惣菜が揃う専門店。500kcalを意識した「AROUND500」コーナーには、野菜たっぷりのお弁当やサンドウィッチ、野菜のスイーツなどが並ぶ。ドーナツサラダやアートウィッチなどユニークな商品も魅力。

◆謝謝TOKYO[N・O・P]
 野菜たっぷりな創作中華

アジアンテイストを加えた中華料理のメニューから、好きな3品を選べるお弁当セットがおすすめ。しらたきのZENパスタや玄米パスタ、豆腐干絲などヘルシーな食材を使ったメニューも多い。パッケージのかわいさもポイント。

※価格はすべて税込表記です。

小田急百貨店 新宿店
所在地 東京都新宿区西新宿1-1-3 
電話番号 03-3342-1111(代)
本館地下2階営業時間 10:00~20:30(日・祝~ 20:00) 
定休日 1月1日
http://www.odakyu-dept.co.jp/

<この記事の掲載号>

CREA 2018年5月号

東京がもっと、きっと好きになる
100人の東京ひとりガイド。

東京を愛する100人の皆さんをナビゲータに、進化するホテル&ホステルから最新モーニング事情、話題のクラフトビール、看板猫にマンホール(!?) まで、今、東京でいちばん楽しい場所をご紹介します。キーワードはひとり。予約不要でふらり、気ままに春の東京を歩いてみませんか? あなただけの「東京」に出会えるはずです。

定価780円

購入はこちら

2018.04.13(金)

Text=Aki Matsuoka
Photographs=Mana Miki、Yuuki Suenaga
Styling=Yuko Magata
Cooperation=AWABEES、UTUWA

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ