居心地のいい空間作りが好きで、綺麗になるのが好き。そんなパリジェンヌが夢中なインテリア雑貨、コスメの最新ブティックを3軒ご紹介。

» 第2回 特注コスメで美を手に入れる
» 第3回 スウィーツが好評のカフェを併設

アパルトマンのような店内に
センスあふれる逸品が並ぶ

◆Maison Sarah Lavoine
 (メゾン・サラ・ラヴォワヌ)

サラ・ラヴォワヌのブティックはまるで誰かのアパルトマン。

 サラ・ラヴォワヌはパリで大人気のインテリアデザイナー。貴族出身で夫は有名俳優のマルク・ラヴォワヌという、自身がセレブである彼女がクリエートするセンスのいいインテリア雑貨が話題だ。

入り口は2つ。サラのシグネチャーカラーで彩られた壁が目印。
ベッドルーム風のデコ。インテリアの勉強にも。

 ヴィクトワール広場にある最も大きなブティックはダイニング、ベッドルームがあり、サロン風のデコレーションをもつアパルトマンのような造り。シーン別に陳列されていてイメージしやすいのが嬉しい。

鏡はサラのヒットアイテム。560ユーロ~。

 ランチが評判のカフェも併設しているのでお買い物に疲れたら一休みして。

陶器はベストセラー。新作「シシリア」シリーズの皿 26ユーロなど。

Maison Sarah Lavoine
(メゾン・サラ・ラヴォワヌ)

所在地 6 place des Victoires 75002 Paris
電話番号 01-40-13-75-75
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜
https://www.maisonsarahlavoine.com/

Text=Kaoruko Yasuda
Photo=Masahiko Takeda

この記事の掲載号

新しいパリ

CREA Traveller 2018年春号

どこか遠くへ行きたいときに
新しいパリ

定価1110円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。