居心地のいい空間作りが好きで、綺麗になるのが好き。そんなパリジェンヌが夢中なインテリア雑貨、コスメの最新ブティックを3軒ご紹介。

» 第1回 美人セレブ・デザイナーによる洒落たインテリア
» 第2回 特注コスメで美を手に入れる

自然素材を使ったコスメは
現代人のニーズにピッタリ

◆Officine Universelle Buly Marais
 (オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー・マレ)

マレ地区にオープンした、薬局風なインテリアのビュリー。重厚でクラシックなムードだ。

 ヨーロッパの伝統的な薬局風の懐古趣味の内装やパッケージが人気のコスメ店だ。自然素材を使い、最新技術で製作しているコスメは現代人のニーズにピッタリ。

シアバター入り顔用クリーム「ポマード・ヴィルジナル」40ユーロ、蜜蠟やごま油配合の手足用クリーム「ポマード・コンクレット」35ユーロなど。
ドライフラワー担当はMiyokoさん。

 マレ地区のこのブティックは6区に続く2店舗目となるが、1店舗目とは異なり、店内には19世紀パリのイタリアン大通りにあって文化人が足繁く通ったというカフェ、トルトーニが復活され、さらにドライフラワーのブーケを作る工房、おにぎりコーナーが併設され、コスメ以外の楽しみがプラスされている。

左:肌に栄養を与えるオイル38ユーロなど。
右:スウィーツも好評。

Officine Universelle Buly Marais
(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー・マレ)

所在地 45 rue de Saintonge 75003 Paris
電話番号 01-42-72-28-92
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜
https://www.buly1803.com/

Text=Kaoruko Yasuda
Photo=Masahiko Takeda

この記事の掲載号

新しいパリ

CREA Traveller 2018年春号

どこか遠くへ行きたいときに
新しいパリ

定価1110円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。