土地の伝統や文化を活かした四季折々の滞在を提案している「星野リゾート」の各施設では、宿オリジナルの花見プランやアクティビティで、この春、ゲストをお出迎え。満開の桜を愛でる舟遊びや露天風呂から眺める花見風呂など、その土地ならではの粋な趣向を凝らし、春の旅を贅沢なものにしてくれる。

◆星のや京都
テーマは「奥嵐山の花見逗留」

花見を満喫する4つのアクティビティのうちのひとつが、早朝に絶景の桜を望む“春霞の野遊山(のゆさん)”だ。2018年3月25日~4月15日の期間中、宿泊者なら誰でも参加することができる。

 京都・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」では、2018年3月25日(日)~4月15日(日)の期間、“奥嵐山の花見逗留(とうりゅう)”をテーマに、花見を楽しむ4つのアクティビティを開催。早朝からディナータイムまで、一日のうちで時間と場所を変えて、奥嵐山の桜のさまざまな景色を楽しませてくれる。

“さくら茶会”の舞台は、宿の前を流れる大堰川にせり出すように作られたウッドデッキスペースの「空中茶室」。ヤマザクラに手が届くほどの距離の特等席で、ウェルカムスイーツとスパークリングワインまたは抹茶とともに嵐山の春景色を満喫して。宿泊者なら誰でも参加可能、2018年4月1日(日)~10日(火)の期間限定。
宿の目の前を流れる大堰川で、渓谷に咲くヤマザクラやソメイヨシノを鑑賞。情緒ある春の舟遊びを演出する“さくら舟”。開催期間は2018年3月25日(日)~4月15日(日)。宿泊者限定で1名3,000円(宿泊費、税・サ別)。

 京都市内の喧騒から離れ、早朝の静かな時間帯に奥嵐山の桜景色をゆったりと望むことができるのが、亀山公園の展望台までハイキングを行う“春霞の野遊山(のゆさん)”。そして日中は、ヤマザクラに手が届くほどの距離に花見の特等席“さくら茶会”、屋形舟で花見をする“さくら舟”を開催する。

ライトアップされた桜を間近に臨む空中茶室の特別席にて、1日1組限定で「夜桜ディナー」を提供。開催期間は2018年4月1日(日)~4月10日(火)。宿泊者限定で1名29,000円(宿泊費、税・サ別)。

 そして夜のお楽しみには、ライトアップした桜を愛でながら春爛漫の会席料理を供する“夜桜ディナー”が用意されている。旬の食材を使用した会席料理は、春爛漫の嵐山の風景を表現。見た目からも春の華やかさがたちのぼってくるような料理の数々に舌鼓を。

星のや京都
所在地 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
https://hoshinoya.com/kyoto/

<次のページ> 水の都・東京の桜の名所巡り

文=立花奈緒(ブレーンシップ)