トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

インド洋の宝石モルディブが誇る
珠玉の3大リゾートの魅力とは?

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第167回は、大沢さつきさんがモルディブの極上リゾート3軒を訪ねます。

海のブルーに染まる
忘れられないリゾート

抜けるような青空が映り込んだインフィニティプールと、海のブルー。たしかにモルディブの海は世界一。

 クリアーなエメラルドブルーの水の色、きらきら輝く白い砂浜、吸い込まれそうな沖合のネイビーブルーの海を見ていると……時間も音も静止して、ゆっくり心がときほぐされていくのが、感じられる。

 世界一といわれる美しい海に浮かぶモルディブは、世界中のトラベラー憧れのリゾート。26の環礁と1200の島があり、そのうち約200の島に人が住むといわれる。基本、1島1リゾート。各アイランド、思い思いの趣向を凝らしたおもてなしで、ツーリストを迎えてくれる。

 今回はそんなモルディブのリゾートを3つ訪ねてみた。

サッカー選手のデヴィッド・ベッカムの家族とシェフのゴードン・ラムゼイ一家がおよそ1カ月過ごしたというレジデンス。上質モダンなつくりは、まさに邸宅。

 ラグジュアリーリゾートが居並ぶモルディブで、ひときわ異彩を放つスタイリッシュなリゾートが、ここ「アミラフシ」だ。多くのリゾートが南国情緒なヴィラスタイルを提供する中で、なんともモダンなアミラフシは、現地の言葉で“私の島、私のアイランドホーム”という意味なのだそう。

 だから、自宅のリビングでの居心地を、そのままモルディブに再現してみせたという意図があるらしい。

目の前の海が即、最高のダイビングスポットというロケーション。シュノーケリングでも十分楽しめる。

 リゾートのロケーションは、ユネスコの世界生物圏保護区内。自然のままの豊かな緑と、驚くほど魚影の濃い海に囲まれている。なので、当然スクーバ・ダイビングにはもってこい。

 ホテルのすぐそばには“ブルーホール”があり、5月~11月のウエストモンスーンの季節には、マンタや巨大なジンベイザメが集まるスポットも近い。このハニファル湾は、世界最大のマンタの餌付け場所として知られるところだ。

ダイビング&ウォータースポーツセンターには日本人のインストラクターもいるので、ライセンス取得の講習を受けるのもアリかも。

<次のページ> すべての面において上質なカジュアルを用意

2017.10.10(火)

文・撮影=大沢さつき

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ