気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

賑やかなロンドン・カムデンタウンで
英国ガーデニング文化の奥深さをみる

社会貢献の精神から始まった
大型ガーデンセンター

 平日からマーケットで賑わう北ロンドン、カムデンタウンの地下鉄駅から徒歩9分という便利なロケーションにある、カムデン・ガーデンセンター。ガーデニングが盛んな英国ではありますが、プラントからツールまで幅広く取り扱っているトラディショナルな大型ガーデンセンターは、地代の高いロンドン市内において実は希少な存在です。

カムデン・ガーデンセンターの外観。駐車場スペースもたっぷり。

 屋外には、英国のガーデンにはお馴染みのハーブやローズ、果物の木が棚に並び、また小さなテラコッタの植木鉢から、大型のポットまで、とにかく豊富な品数が並んでいます。季節に合わせてハロウィーン用の飾り付けやカボチャも。

 「英国を代表するバラの育種家デビッド・オースチンが手がけた、大玉で香りの高いオールド・イングリッシュ・ローズも扱っています。日本でも人気ですよね」と話すのは、マネージング・ディレクターのピーター・ハラットさん。

マネージング・ディレクターのピーター・ハラットさん。
左:ハロウィーンに向けて、カボチャなど関連商品も用意されていました。
右:大型のプランターやポットの売り場も。品揃えも充実です。
季節のほおずきのプラントは、インテリアのアクセントにもなりそう。
左:色とりどりのヴィオラやパンジーは、イングリッシュ・ガーデンの定番のひとつ。
右:最近激減しているといわれるハチですが、ここでは、元気に飛び回って蜜を集めています。
とかく色がなくなりがちな秋冬のガーデンを彩るプラントも、各種あります。
左:柑橘類のプラントも各種ありました。
右:どこまでが写真でどこからが実物か見紛う、パッケージに偽りなしのハゴロモギクの一種。
ツタとシクラメンの組み合わせは色味の相性も抜群です。
最近、切り花としても人気の観賞用キャベツのプラント。

 店内に入ると、まず目にとまるのが野菜や花の種の棚。壁沿いにびっしりと、隙間なく色とりどりのパッケージが並んでいるのです。

 ピーターさんによると「種の種類の多さは、英国でも最大級で、国内はもとより、海外からも多くの園芸ファンが来店するんですよ」とのこと。

種の品揃えも充実。海外から買い求めに来る人もいるとか。
店内には、室内プラントや種、ツールなどがぎっしり。高い天井が広々とした印象を与えます。
見事に並んだガーデン用手袋の数々。目移りしてしまいそうです。
ガーデニングをモチーフとしたギフト・アイテムも若干置いています。

 ガーデン・ツールや、オフィス用の屋内プラントなど、ガーデニングに必要なものはなにからなにまで揃うその規模はもちろんのこと、このガーデンセンター、その誕生ストーリーも実にユニークなのです。

<次のページ> トレーニング機関としてのガーデンセンター

2017.09.25(月)

文・撮影=安田和代(KRess Europe)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ