気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

優雅で華やかにケーキをデコレート!
エディブル・フラワーのいろはを学ぶ

エディブル・フラワーを使った
アイデアがいっぱい!

キャシーさんのガーデンの入り口。「MANOR HOUSE」のサインもかわいいのです。

 ロンドン、セント・パンクラス駅から北に向かって電車に揺られること1時間。ベッドフォード駅からタクシーで約15分の場所にあるキャシー・ブラウンズ・ガーデンは、春夏の間火曜日の午後のみ一般公開されているプライベート・ガーデンです。

エディブル・フラワーのローズペタル・ケーキ。
ベンチ、噴水や刈り込みなど、調和の取れた美しいガーデン。
屋敷の周りはカラフルな花で飾られています。

 実はこのキャシー・ブラウンさん、前回のカルト・セラミックスのジョナサン・ブラウンさんの母。現在英国でも注目の集まっているエディブル・フラワーのスペシャリストであるキャシーさんが、エディブル・フラワーを使ったお料理を教えるイベントがあると聞いて、参加してきました。

エディブル・プラントが集められた一角。これも食べられるとは、という発見に満ちています。
絵画作品にインスピレーションを得たアート・ガーデンもあります。

 料理好きだったキャシーさんのお母さんが庭の植物を使っていた影響で、自然と自分もハーブを多用するようになり、次第に花を使うようになっていったとのこと。エディブル・フラワーに関する著作もあります。

キャシーさんの著作も販売されています。
左:デモンストレーションするキャシーさん。試食したり、参加者からのアドバイスがあったりと、和やかな雰囲気ですすめられていきます。
右:前回ご紹介したジョナサン・ブラウンさんのカルト・ビネガーに、キャシーさんがエルダーフラワーとドライラベンダーを加えて。エルダーフラワーはアスパラガスに、ラベンダーはフェンネルのサラダにおすすめとのこと。
キャシーさんが作った昨年のドライラベンダー。蓋を開けるとふわっとラベンダーの香りが漂います。
フルーツサラダに華を添えるパンジー。

 「お料理にローズマリーやタイムの葉を使う人は多いと思いますが、実は花の部分も味も香りもいいんですよ」と話すキャシーさん。イベントでは、ケーキをはじめデザートからおつまみまで、自宅で気軽に応用できる、エディブル・フラワーのさまざまな使い方がデモンストレーションされました。そのなかから、香りも見た目も華やかなローズペタル・ケーキの飾り方をご紹介しましょう。

<次のページ> ラベンダーやバラをつかったお菓子

2017.06.19(月)

文・撮影=安田和代(KRess Europe)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ