東京のコーヒーと音楽が 生まれる場所

東京のコーヒーと音楽が 生まれる場所

選曲センスが抜群な富ヶ谷のカフェ
「リトルナップコーヒーロースターズ」

 メルボルン出身で、日本のコーヒー文化を愛する話題のコーヒーブロガー・ヴォーンさん。「音楽が最高!」と足繋く通う、最愛カフェの2人のオーナーに会いに行きました。

» 第2回 ジャズ喫茶&バー DUG

そこにはいつも
音楽とロマンティックがあった

◆Little Nap COFFEE ROASTERS
(リトルナップコーヒーロースターズ)

ビルをまるごと使った「リトルナップコーヒーロースターズ」。2階は食堂とレコードショップ、3階(写真)は、濱田さんの趣味がスパークした空間に。ギャラリーやイベントを行うことも。

 「どこのカフェに行っても、必ず流れている音楽をチェックする」というヴォーンさんが「来るといつもshazam(流れている音楽を認識するアプリ)しちゃう」と、その選曲センスに首ったけなのが、代々木公園の名店「リトルナップコーヒースタンド」。

カフェラテ 450円。

 音楽ツウとして知られるオーナー濱田大介さんに会いに、富ヶ谷にオープンしたばかりの姉妹店「リトルナップコーヒーロースターズ」へ。よりローカルでローテクな空間が印象的。

 「朝なのか、夕方なのか。その時と風景に合った、映像をイメージできるような音楽を流すことはよくあるね」と濱田さん。

1階はコーヒースタンドと焙煎機、奥にはDJブースがスタンバイ。

 実はふたりの関係、いわゆる「客とオーナー」のみならず。濱田さんの主催するイベントに、ヴォーンさんがプロモートするミュージシャンThe Lagerphonesが参加したことも。

 「僕がローカルの友達と一緒にやった『YOYOGIG』の中で『旅のようなバンドだね。地元の空気にエッセンスとしていいね』となって」トントンと実現。「ホント、人生最高のメモリーだった」と夢見るような表情のヴォーンさん。

 「僕の中で一番印象に残るのは、ライブハウスじゃない、面白いところで音楽を聴くこと」という言葉に濱田さんも同意。

 「僕らは20代の頃から、たとえカフェという場所はなくても誰かをワクワクさせたい、びっくりさせたい、そういう衝動が止まらなかったし、そこにはいつも音楽があって、ロマンティックがあった。今もただ、そういう場を作りたいだけ」。

豆売りも開始。100g 900円~。

<今日の1枚>

 濱田さんのチョイスはThe Smallest Band In The Worldのセルフタイトルアルバム。オーセンティックで懐かしい印象のオーストラリアのバンドの一枚。実は、ヴォーンさんのお兄さんもメンバー。

Little Nap COFFEE ROASTERS
(リトルナップコーヒーロースターズ)

所在地 東京都渋谷区富ヶ谷2-43-15
電話番号 03-5738-8045
営業時間 9:00~19:00
定休日 無休
席数 17席
http://www.littlenap.jp/

●GUEST
濱田大介(はまだ だいすけ)さん

「Little Nap COFFEE」オーナーバリスタ。数々のカフェのプロデュースを手がける。音楽への造詣も深く、イベントのオーガナイズやDJとしての顔も持つ。

●NAVIGATOR
ヴォーンさん

コーヒーブロガー、モデル、エディター、イベントオーガナイザー、文化服装学院の英語講師。コーヒーカルチャーの聖地オーストラリアで生まれ、日本在住10年。自身でコーヒーブログの運営も。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年9月号

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

定価780円

購入はこちら

2017.08.24(木)

Text=Mitsuharu Yamamura
Photographs=Wataru Sato

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年9月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ