今日の絶景

今日の絶景

マデイラ島に茂る美しき原生林は
氷河期から生き残る貴重な世界遺産

Magnificent View #1321
ラウリシルヴァ(ポルトガル)

(C)Frank Krahmer / Masterfile / amanaimages

 ポルトガルのマデイラ島を緑に染めているのは、世界遺産にも登録されている照葉樹の原生林、ラウリシルヴァ。

 ここは、250万年以上も前にヨーロッパを覆った氷河期から唯一残った原生林だ。大西洋沿岸で氷河期から生き残っている照葉樹林は貴重なうえ、規模も世界最大級と言われている。

 森の大部分を占めている月桂樹は、一帯の気候を守り、水を貯える役割を果たしている。このため、古代からの生態系が残され、絶滅危惧種を含むさまざまな動植物も共存している。

 森をトレッキングして見つけるのは、可憐な花々。年間を通して温暖な気候のため、いつ訪れても美しい自然に触れることができる。

 そこにあるのは、手つかずの自然だけ。太古からの生命の息吹を感じれば、日頃のストレスも忘れてしまいそうだ。

2017.08.27(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ