そおだよおこの関西おいしい、おやつ紀行

そおだよおこの関西おいしい、おやつ紀行

大阪・チンチン電車が走る町の
こだわりがぎゅっと詰まったパン屋さん

 チンチン電車と呼ばれ、親しまれている阪堺電軌上町線。姫松駅から線路沿いを天王寺方向へ150メートル程歩いたところに、小さなパン屋さんがあります。その名も「オーガニックパン工房それいゆ」。

お店はチンチン電車の線路沿いにあります。右側に見えるのが、最寄りの姫松駅。

 木造の建物を改造した店に一歩入ると、こんがり香ばしいパンの香りが漂っています。左手には、煉瓦を積んだ迫力の石窯と麦を挽く石臼。右手は、吹き抜けにした壁面の棚に、パンがずらり。

左:木の扉が目印。
右:オーナーの藤坂允さん、直穂さん夫妻。
左:木のぬくもりがあふれる店内。
右:店内の石臼で麦を挽いています。
おいしそうなパンがずらり!

 オーガニックの麦を石臼で挽いた全粒粉を、自家製の天然酵母で発酵させて石窯で焼いている、こだわりのパン屋さん。他の粉も材料も、店内の冷蔵庫に並んでいる飲み物も、オーガニックです。オープンは2011年11月11日。

手前の左側にあるのが石窯。奥は厨房になっています。

 「石窯は、京都・石窯研究所の竹下晃朗さんの設計。3日間かけて組み立てました」と、ご主人・藤坂允さん。大学生の頃から飲食店でアルバイトをし、いずれはカフェをしたいと思っていたのだそう。

 「家で天然酵母のパンを焼くようになって、パン屋がいいなと(笑)」。パンの大手チェーン店数軒で基本の技術を習得。病気の母親が自然療法で元気になった経験から、食や材料へのこだわりを強めます。

左:すべてのパン、スコーンなどの焼き菓子を石窯で焼いています。
右:焼きたての食パン。

 「オーガニックの材料を使うけれど、普通のパン屋さんっぽくやろうと決めたんです」と、マクロビオティックを学び、同じくパンのチェーン店で腕を磨いた妻の直穂さん。ハード系あり、食パンあり。お総菜系や甘いパンまで揃う、一見、最近よくある可愛いパン屋さん。でも、実はオーガニックで、自家製粉や窯にまで、おおいにこだわっているのです。

「チーズはオーガニックのものがないので、無添加のものです。生地には卵や乳製品を使っていません。アレルギーの方にも食べていただきたいから。自分達が食べたくないものは、作りたくありませんしね」。

<次のページ> 種類豊富なオーガニック野菜のパン

2017.08.13(日)

文・撮影=そおだよおこ

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ