洗練の贅を堪能する フィレンツェの美食レストラン

洗練の贅を堪能する フィレンツェの美食レストラン

フィレンツェが誇る食の複合施設で
旨みほとばしる熟成肉のグリルを

 フランス王室に嫁いだメディチ家の娘は、フィレンツェの美食で宮廷中を虜にしたという。その極意を今に継ぐ名店を訪ねよう。

» 第1回 ルネサンス宮殿で味わうモダン・イタリアン
» 第2回 カリスマシェフが開いた情熱溢れるレストラン

イタリアの美味が集う
食のコンプレックス

◆Cucina Torcicoda
(クチーナ・トルチコーダ)

左:フォアグラとホームメイドのブリオッシュ。フルーツの甘酸っぱさが、滑らかなフォアグラを引き立て、ワインがすすむ。18ユーロ。
右:牛フィレのグリル。季節によりトリュフを添えることも。希少なキアーナ牛が入荷していれば幸運。オーダー時に確認を。25ユーロ~。

 サンタ・クローチェ広場の近くで大型総合店を経営するステファーノ・ペルッツィさんは、無類の料理好き。その思いが高じて2013年、ついに待望の「クチーナ・トルチコーダ」をオープンさせた。

 開業準備に3年をかけた店は、ピッツェリアとジェラテリア、オステリア、レストランで構成されたユニークな複合施設。一般的なフードコートとは一線を画し、それぞれが空間を共有しつつ、独立したスタイルを保っている。

左:牛すね肉のタリオリーニ。18ユーロ。
右:ワインはリストの8割を地元の赤が占める。

 家業となったレストラン経営に携わるペルッツィ家長男によれば「今までフィレンツェにはなかったダイナミックな店を目指しました。ここでは一店舗の中に多様な店が集まり、訪れるたびに違った楽しみ方ができる。しかもインテリアや味は本格的。地元の食通にはリピーターも多いですよ」。

 オステリアはトスカーナの伝統料理、レストランでは新地中海料理とメニューは分かれるが、どちらも熟成肉のグリルが名物。こだわり抜いた熟成肉は、ひと口ごとに凝縮された旨味がほとばしる。この一皿にステファーノさんの熱い思いが込められているのだ。

左:店内は各店舗を回遊できる造り。こちらはレストランの様子。
右:買い物には絶好のロケーションにある。

Cucina Torcicoda
(クチーナ・トルチコーダ)

所在地 Via Torta 5R, Firenze
電話番号 055-2654329
営業時間 レストラン 19:00~23:00、オステリア 12:00~15:00/19:00~23:00
定休日 無休
http://www.cucinatorcicoda.com/

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2017年夏号

イタリア人に愛される
イタリア
On the move to Italy

定価1110円(税込)

2017.08.07(月)

撮影=小野祐次
取材・文=上保雅美
コーディネイト=大平美智子

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2017年夏号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ