作ってみました『カニカマ100皿』!

作ってみました『カニカマ100皿』!

とろ~り中華あんが美味!
贅沢カニ風味がクセになる天津飯レシピ

 日本で生まれて世界で注目を浴びる“スーパー食材”カニカマ。『カニカマ100皿』(文藝春秋)のレシピを、読者が実践してみました。

◆カニカマ天津飯

 今日の夕飯、簡単に済ませたいけど手抜きだと思われたくない……と悩んだときには、こちらのメニューを。ご飯の上の卵焼きを割ると、顔を見せるのはカニカマ! 贅沢なカニ風味の卵焼きに、とろ~りと絡む中華あん。カニカマが主役になる丼レシピです。

※天津飯の上に散らしているカニカマは分量外。

■材料(1人分)
・カニカマ(粗くちぎってほぐす):4本分
・干ししいたけ(戻して細切り):1枚分
・たけのこ(水煮、細切り):10g
・長ねぎ(せん切り):10g
・卵:3個
・ご飯:茶碗1杯分
・ごま油:小さじ1
・サラダ油:大さじ1

【中華あん】
<A>

・砂糖:大さじ1
・酢:大さじ1強
・酒、醤油:各小さじ1
・ケチャップ:大さじ1
・水溶き片栗粉:適量
・ごま油:小さじ1/2

・グリーンピース(ゆで):少々

■作り方
(1) 中華あんを作る。小鍋に<A>を入れて中火にかけて煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。ごま油小さじ1/2を加えて、香りをつける。
(2) フライパンにごま油小さじ1をひいて中火にかけ、干ししいたけ、たけのこ、長ねぎを炒める。
(3) ボウルに卵を溶き、カニカマ、(2)、塩少々(分量外)を加えて混ぜ合わせる。
(4) 小さめのフライパンにサラダ油をひいて強火にかけ、(3)を流し入れる。スクランブルエッグ状にしながら、フライパンを小きざみにゆすり続け、途中で返して両面を焼く。
(5) 器にご飯をよそい、(4)をのせ、(1)の中華あんをかける。グリーンピースを飾る。

「わたしが作りました!」(内藤記世さん)

ぱぱっと作って、ぱっと食べたい。でも、いかにも「急ぎました料理」はちょっと嫌。そんなワガママなオーダーも、このメニューなら完璧に答えてくれます! ポイントは卵を上手に焼いて、中華あんをとろ~り、おいしそうにかけること。今回は、おいしそうに見せるため、余ったカニカマを中華あんの上に飾ってみました。

『カニカマ100皿』

今、ヨーロッパやアジアで大人気のカニカマ! 使い方次第でカニ以上の実力を発揮するカニカマのレシピを100皿集めた、世界初の本格カニカマレシピ集。和食はもちろん、イタリアン、中華、エスニックとまさに変幻自在。

著・カニカマファンクラブ
本体1,100円+税
文藝春秋

» 立ち読み・購入はこちらから(文藝春秋BOOKSへリンク)

2017.08.01(火)

文=CREA WEB編集室
撮影=平松市聖

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ