そおだよおこの関西おいしい、おやつ紀行

そおだよおこの関西おいしい、おやつ紀行

近所にあったら絶対毎日通いたくなる!
JR兵庫駅前の“街のパン屋さん”

 JR兵庫駅の北側にある小さなお店は、白い壁とランプがお洒落です。店名は「Qui veut peut(キブプ)」で、フランス語で“強く願えばできる”という意味なのだそう。

毎日通いたくなるほどたくさんのパンが店頭に並びます。

 お店に入ると、L字の棚にパンが並んでいて、下町らしい気さくな雰囲気。午前8時から営業しており、朝、通勤や通学の途中に立ち寄る客がひと段落すると、昼食やおやつのためのパンを求めて、こちらも常連客が次々に訪れては、店長の木曽計恵(きそかずえ)さんとにぎやかにおしゃべり。棚に並んだパンは、いつのまにか、ごくわずかに。近所にあったらうれしい、街のパン屋さんです。

左:白い壁にブルーの文字がさわやか。
右:おやつパンから、惣菜パンまでいろいろ。
「いつかお店をやりたい」という夢をかなえた木曽計恵さん。

 木曽さんは地元・兵庫区の出身。高校で国語の教師をしていましたが、定年を前に退職。大阪のパン屋で半年修業して、基本を身に付け、2012年にこのお店をオープンしました。

 「子供の時から食べ物を作るのが好きでした。お菓子か、パンか、家庭料理でもいい。お店をやりたいと思っていたんです。パンは独学。無謀でしょ」とにっこり。

 午前10時までは、修業先で知り合った女性と一緒にパンづくり。「ひとりではできなかった。人が私にとっての財産です。お店を始めると、教師をしていた頃の教え子や同僚が来てくれて助けられましたし、地域の人にも支えられました」。

 「キブプ」のパンは、とてもシンプル。基本のパン生地には、バターや卵、牛乳などを使っていません。「小麦の味と香りを味わってほしい。そのために、粉のブレンドはめちゃめちゃ工夫しています」と木曽さん。「パンが小麦でできているとわかったとか、ここのパンが一番飽きないとか、お客様が言ってくださるのが、とてもうれしい」。

 予約で売り切れてしまう「食パン」は、定番の他、曜日毎にミニ食パンやマーブル食パンも登場。オートミールとハチミツの食パンや土曜日限定の玄米食パン、季節限定のものなど、どれも人気。

「イチゴの天然酵母」310円。

 珍しいのは、季節の素材を使った自家製酵母で、毎週木曜に作る「天然酵母パン」。セロリやヨモギ、新ゴボウ、バジルやローズマリーなどのハーブで酵母を起こすのだそう。それぞれで粉を工夫するのが木曽さんらしい。取材に伺った時は、イチゴのあまおうの酵母を使った全粒粉のパンでした。食べると、ほんのり甘いイチゴの香り。

 「柑橘類やセロリ、ハーブの酵母で作ったパンも、いい香りですよ」と木曽さん。

<次のページ> おやつにするならこのパン!

2017.05.14(日)

文・撮影=そおだよおこ

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ