シェムリアップで出合う 美食と愛すべき逸品

シェムリアップで出合う 美食と愛すべき逸品

蓮から生まれた極上テキスタイル
シェムリアップの繊細な手仕事に感嘆

 世界遺産アンコールの遺跡群への玄関口として知られる古都シェムリアップ。洗練された空間で出合う、美食と愛すべき逸品をご紹介。地元でおしゃれな人たちに人気の、とっておきスポットも充実!

» 第1回 カンボジア人シェフによる珠玉のフレンチ
» 第2回 ビストロ気分が楽しい一軒家フレンチ
» 第3回 女性オーナーの美学が光るセレクトショップ

蓮から生まれた
極上テキスタイルに一目惚れ

◆ Samatoa Lotus Textiles
(サマトア・ロータス・テキスタイル)

左:紡ぐだけで2カ月かかるという。染めることもできる。
右:蓮50%、シルク50%のスカーフ(777ドル)は絶妙な手触り。

 市内からトンレサップ湖への道を車で走って10分ほど。素朴な一軒家の2階がショールームだ。そこに並んだ製品はカンボジアでも極めて珍しい蓮の繊維で作られたもの。

 2012年にはエシカルな製造工程や地元雇用に貢献したことで、ユネスコが優れた製品と認める賞を授与した。シャリ感ある手触りは繊細で手仕事の魅力に溢れる。100%蓮の布は1メートル450ドル。

サンプルのミニドレス(900ドル)、蓮とシルクの混紡ジャケット(700ドル)。

 シンプルなジャケット、ドレスの注文は完成まで2~3日程度、600~1,000ドル。シルク、バナナ、カポックと呼ばれる木から作る素材とも組み合わせられる。

Samatoa Lotus Textiles
(サマトア・ロータス・テキスタイル)

所在地 11, Road 63, Kolkran Village, Siem Reap
電話番号 092-529-001
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜
http://samatoa.lotus-flower-fabric.com/

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2017年春号

Fulfilled with ASIA
満たされるアジア
微笑みの楽園リゾート

定価1110円(税込)

2017.04.27(木)

取材・文=寺田直子
撮影=秋田大輔
コーディネイト=鷲田五郎

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2017年春号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ