今日の絶景

今日の絶景

ボスニアの風光明媚な街に流れる滝が
10メートルも縮んでしまった理由は?

Magnificent View #1278
ヤイツェ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 14世紀に築かれ、中世はボスニア王国の最後の首都として繁栄したヤイツェ。2つの大きな川と湖を擁するこの街は、風光明媚な景色に恵まれている。

 絶景スポットのひとつが、プリヴァ川とヴルバス川の合流地点にあるヤイツェの滝。水が流れ落ちる向こうに要塞都市がのぞく風景は、街のシンボルでもある。

 ちなみに、この滝の高さはもともと約30メートルあったが、1992年から1995年にかけてあったボスニア紛争中に起きた洪水により、10メートルほど短くなってしまったのだという。洪水の原因は、軍事攻撃による水力発電所の破壊だったという説もある。

 この滝が短くなった理由は定かではないが、紛争中、街が大きな被害を被ったことは記憶にも新しい。

 今でも建物に傷跡を見ることはあるが、歴史的な価値があることから、旧市街を世界遺産にするための運動も行なわれている。

2017.03.31(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ