今日の絶景

今日の絶景

メキシコ人も憧れる「常春」の街で
マリアッチとテキーラを堪能する

Magnificent View #1269
グアダラハラ(メキシコ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 メキシコ西部にあるこの国第二の都市、グアダラハラ。人口500万人を擁する近代都市でありながら、スペイン植民地時代のコロニアルな雰囲気が漂う古都でもある。

 そんな美しい街並みから、メキシコでは「西部の真珠」とも呼ばれる憧れの的。近年は都市化で夏の暑さが増しているものの、寒暖の差が激しいメキシコにおいて常春といわれるほど穏やかな気候も、人気の秘密だ。

 街が築かれたのは1530年代。当初は先住民族の激しい反発があったものの、経済は発展。16世紀後半には、多くのカトリック教会が建設された。

 ちなみに、グアダラハラは、派手な衣装をまといギターやマンドリンを片手に演奏するミュージシャン集団、マリアッチ発祥の地であり、メキシコの銘酒テキーラの特産地、テキーラ村にも近い。

 美しい街に音楽にテキーラ。ここを訪れれば、陽気で幸せな時間が過ごせそうだ。

2017.03.22(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ