今日の絶景 365日、ヴァーチャルな旅へ

今日の絶景 365日、ヴァーチャルな旅へ

世界で3番目に大きい闘牛場で
マタドールの勇姿に喝采を浴びせる

Magnificent View #1266
ラス・ベンタス闘牛場(スペイン)

(C)Graham French / Masterfile / amanaimages

 ファンファーレが鳴り響き、マタドールが入場すると、会場は歓声に包まれる。ここは、マドリードにあるスペイン国内最大級の闘牛場。収容人数は約2万3800人と、世界で3番目の規模を誇る。

 鉄骨とレンガでできた建物は、イスラム建築の影響を受けたネオムデハル様式で、20世紀初頭にスペインで流行していたスタイルだ。

 完成は1929年。だが、当時、この界隈はスラム街。周辺を闘牛開催にふさわしい環境に整備するために数年がかかり、1934年にようやくオープンとなった。その後もスペイン内戦による閉鎖を強いられるなど受難が続き、1939年に興行が再開された。

 闘牛開催のシーズンは、毎年3月から10月の日曜日と休日、そして5月から6月までのサン・イシドロ祭の期間中。ちなみに、第二の都市バルセロナのあるカタルーニャでは、闘牛は法律により禁止されているため、観ることができないという。

2017.03.19(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ