新着! 世界のホテル・インフォメーション

新着! 世界のホテル・インフォメーション

葉山の1日1組限定ヴィラで過ごす
極上のプチバカンスはバトラー付き!

目の前の海を独り占めする
とっておきの場所へ

ゲストルームに入ってまず目にするのは、パノラマピクチャーウィンドウの外に広がる水平線。

 山と海、文化や歴史にも恵まれ、昔から多くの文人たちに愛されてきた葉山。東京から約1時間とアクセスもよく、都心で働くワーキングウーマンにとっても、思い立てば気軽に足を延ばせるリゾートとなっている。

「HAYAMA Funny house」の前に広がるのは、賑やかなビーチリゾートとは違った、穏やかな葉山の日常。

 そんな葉山に2015年末に誕生以来、隠れ家的存在となっているのが、「HAYAMA Funny house」。数々の名作を手がけた日本近代建築の巨匠、吉村順三が設計した1966年築の邸宅をリノベーションしたバケーションハウスだ。

何人かの著名人に受け継がれた邸宅は今、1日2組限定のバケーションハウスに。

 ここは、ホテルと貸し別荘の“いいとこ取り”をした新しいスタイルの宿泊施設。特別な建物に滞在するワクワク感、わがままなリクエストにも応えてくれるバトラーサービス、開放感とプライベート感、傍らに常にある絶景……。そんな心地よさが散りばめられた空間で、自分のペースでくつろぐことができる。

部屋の片隅にある扉を開くと階段が。昇ると、絶景を見下ろすセカンドベッドルームがあるというユニークなレイアウトにもワクワクさせられる。

 2つのヴィラは、それぞれ1日1組限定。リビングとマスターベッドルーム、セカンドベッドルーム、キッチンのほか、広々としたプライベートテラスや海を一望するジャグジーを完備。

 チェックインした後は、絶景を眺めながら部屋の中でくつろぐのもよし、テラスで風を感じながら読書をするのもよし、バトラーサービスを利用してジャグジーに浸りながらシャンパンを傾けるのもあり。

サンルームのように明るい日差しが差し込むジャグジー付きのバス。夜の海を眺めながらも、朝の太陽を感じながらのバスタイムも気持ちがいい! このほかインサイドバスが1つ。
左:アメニティーは世界のラグジュアリーホテルで採用されているキャスウェル・マッセイと、パリ発の自然派スキンケアブランド、オムニサンス。
右:キッチンにはひととおりの調理器具を用意。料理が得意な人なら、鎌倉野菜を買って腕を披露してみては?

<次のページ> 記念日に利用したいオーシャンビューのダイニング

2017.03.05(日)

文・撮影=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ