リマでショッピングを楽しむなら、新市街のミラフローレス&バランコ地区。治安も比較的良好なので街歩きも安心。店先には可愛い雑貨たちがいっぱい!

» 第2回 なんでも揃うお土産エリア
» 第3回 おしゃれなアート系セレクトショップ
» 第4回 優雅なアンティークショップ
» 第5回 品質のよいアマゾン民芸店

ペルー民芸の珠玉がぎっしり

◆ Las Pallas (ラス・パラス)

大小様々な作品がぎっしり並んでいる店内。

 リマ市内にある無数の雑貨屋さんのなかでも、質の高い作品を求めるならこちら。

左:アマゾンに暮らす作家がバナナの葉で焼き上げている陶器。小皿 130ソル、置き物 120ソル。
右:毛糸の赤ちゃん靴。くま、うさぎ 各35ソル。

 店主のマリさんはイギリス出身で、ペルーに初めてやってきたのは今から約50年前のこと。すぐさまその魅力に取りつかれて移住を決意。以来、各地を巡って貴重な骨董や民芸を蒐集し、ご自身のコレクションにはミュージアム級の逸品も多いそう。

左:プレ・インカ文化の祭祀用土器を復元したオブジェ 350ソル。
右:ペルー土産の定番“レタブロ”。スペイン植民地時代、キリスト教の布教のために広まった箱庭祭壇が原型で、こちらは古い町の暮らしを表現。150ソル。
左:壁に飾られたペルー各地のお面。
右:ペルー南部アヤクチョのお祭りをモチーフにしたオブジェ 各80ソル。

 店内には、ぎっしりと様々な作品が並び、なかにはほかで見かけないようなユニークなものも……。バランコ地区の静かな一角で、ゆったりお買い物を楽しみたい。

左:地域の女性たちが丹念に縫い上げている可愛いタペストリー 115ソル。
右:つがいの鳥が微笑ましい器。新婚カップルが一緒に使うものだそう 50ソル。
左:心や身体の健康を願うお守り 各15ソル。
右:お花のろうそく立て。大 70ソル、小 60ソル。

Las Pallas(ラス・パラス)
所在地 Cajamarca 212, Barranco, Lima
電話番号 01-477-4629
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜ほか不定休
※扉が閉まっているときは呼び鈴を押して

Feature

可愛い雑貨がいっぱい!
リマのおすすめショップBEST5

撮影=橋本 篤
取材・文・構成=矢野詔次郎
取材協力=コンドルトラベル
協力=PROMPERÚ ペルー政府観光庁

この記事の掲載号

奇跡のペルー

CREA Traveller 2017年冬号

天空遺跡マチュピチュから始まる
奇跡のペルー

定価1110円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2017年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。