疲れたときの湯治宿6選

疲れたときの湯治宿6選

湯船から溢れたお湯の上に寝転がる
「トド寝」が楽しい青森・古遠部温泉

 たくさんの湯治宿が残る日本。もちろん、ひとり客大歓迎! お部屋は素朴でお湯は実力派。リピーターに愛される湯治宿はこちら。

» 第2回 ぬる湯の名湯「川古温泉 浜屋旅館」
» 第3回 湯圧とのび感が肝「立位温泉」
» 第4回 歴史を感じるロマンの湯治宿「積善館」
» 第5回 人気の日帰り温泉の湯治部門「羽衣」
» 第6回 歴史ある湯治場「鹿教湯温泉」

秘境に温泉マニアが集まる理由は?

◆ 古遠部温泉

無色透明な湯ながら、硫黄を含み、濃厚な鉱質感。掛け流しで適温の約42℃!

 6~8畳の和室でぬくぬく過ごし、ドドドドと溢れるように湧く源泉が惜しげもなく湯船から溢れる温泉に浸かる。こぼれたお湯に寝転がる「トド寝」も痛快だ。

食事は地元の山菜や川魚を使ったもの。定食とは言うがサクサクの天ぷらなど、ごちそう感は高い。

 秋田県に近い奥深い山中の携帯もつながらない秘境中の秘境は「神秘の湯」と呼ばれ、温泉マニアが足繁く通うというのも頷ける。

古遠部温泉(ふるとおべおんせん)
所在地 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467
電話番号 0172-46-2533
チェックイン/アウト IN 15:00/OUT 10:00
ひとり料金 1泊2食付き 8,300円~(休前日同料金・税サ込) ※冬期暖房費500円別途
客室数 8
食事 朝 食事処/夕 食事処
交通 JR津軽湯の沢駅より送迎あり(要予約)
http://www.furutoobe-onsen.com/
※カード利用不可

<この記事の掲載号>

CREA 2017年2月号

ひとりに優しい宿、増えてます!
楽しいひとり温泉。

定価780円

2017.01.07(土)

文=北條芽以

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年2月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ