美容ジャーナリスト 齋藤 薫の美脳トレーニング

美容ジャーナリスト 齋藤 薫の美脳トレーニング

眠りたい時にすぐに眠れる
エッセンシャルオイルの偉大な力

エッセンシャルオイルって
本当に効くんだと思い知る日

上から:アルジタル100%ピュア エッセンシャルオイル ラベンダー 10mL 2,200円 、同 オレンジ 2,000円、同 レモン 2,200円、同ローズマリー 2,200円/すべて石澤研究所

 大変に言いにくいが、今改めて振り返ってみると、自分はこれまでアロマテラピーというものを本気で信じてはいなかったのかもしれない。

 頭ではわかっている。理屈ではよくわかっている。でも何となくふわふわした曖昧なものでしかなかった。そうね、アロマテラピーは人を幸せにしてくれるよね……というレベルの。それは、自然の力を侮っていたということ。

 そもそもなぜ自然界には、無限の植物が存在するのか? なぜ、すべての植物が名前を持ち、一つひとつ異なる主張をするのか? それは、自分の役割をそれぞれに果たしているからなのだと思う。命あるもの全てが、地球においてちゃんと役割を果たしている。それをアロマテラピーによって思い知らなければいけなかったのにと、今更ながら思うのだ。

 というのも、これまで眠れないなどという経験はほとんどなかった自分が、眠れない夜を迎えることが多くなった。正直、眠ることがこんなに難しいとは知らなかった。ひとたびタイミングを逸すると、眠れない眠れない、どうしよう、と焦るばかりで、逆に頭が冴え冴えしてしまう。そうなるともうヤバい。暗闇が重くのし掛かってきて、いろんな不安やいろんな悩みが浮き上がり、なにも今思い出さなくてもいいことをわざわざ悩んでしまうのだ。

 横たわっているのにどんどんストレスが溜まってくるのがわかる。「横になっているだけでも体は休めるから、眠れなくても大丈夫」というのは気休め。いわゆる入眠剤も、確かに効くはずだが、これがないと眠れないということ自体がプレッシャーになり、またストレスが溜まるという悪循環。

 そうか、眠れないとはこういうことなんだと初めて知った。眠れないことの苦しみをようやく理解した。そして、これは生きていく上で一番無駄な、一番間違った時間ではないかと改めて思い知ったのだ。

 そこで生まれて初めて、入眠のためにエッセンシャルオイルを使ってみる。そして、あまりの効果にちょっとした感動を覚えたほど。

 スペシャリストに提案してもらったのがオレンジだったのだが、これはアルツハイマーにも効くと言われるもの、数十秒でベッドの奥深くに沈みこんでいくような、気が遠くなるような感覚に襲われ、そのまま記憶がなくなった。そして翌朝はいつもより早く目が覚めた。 もちろん入眠効果で有名なラベンダーも同様の効き目をもたらすが、オレンジの沈みこんでいく感じは格別心地よい。

<次のページ> セイロン茶のエッセンシャルオイル

2017.01.01(日)

文=齋藤 薫
撮影=吉澤康夫

同じテーマの記事

もっと見る

BEAUTY} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ