今日の絶景

今日の絶景

カストロ前議長の愛したバレエの殿堂は
オバマ大統領の名演説の舞台になった

Magnificent View #1172
ハバナ大劇場(キューバ)

(C)R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 まるで1950年代のアメリカ映画のような風景を見せる、キューバの首都ハバナの旧市街。そのランドマークともいえるのが、ハバナ大劇場だ。

 バロック式の瀟洒な建物は1837年の建造。以来、この国が誇るキューバ国立バレエ団の本拠地となっている。

 キューバの踊りというとサルサが思い浮かぶが、バレエは世界でも一、二を争うレベルの高さ。そして、庶民に愛される娯楽であり芸術でもある。

 そこには、2016年11月に亡くなったフィデル・カストロ前国家評議会議長が、バレエの育成に熱心だったという背景がある。彼は、「国を発展させるうえで文化は不可欠、バレエはその礎になる」と考え、国をあげてバレエを支援した。その結果、多くの世界的なダンサーが生まれ、彼らは庶民の誇りとなったのだ。

 2016年3月、ハバナを訪問したアメリカのオバマ大統領が、キューバ国民に向けた歴史的な演説を行なったのもこの場所。この劇場は、キューバの近代史を語るうえで欠かせない存在となるだろう。

2016.12.15(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ