今日の絶景

今日の絶景

誕生以来目まぐるしく用途が変わった
モントリオールの美しきランドマーク

Magnificent View #1121
ボンスクール・マーケット(カナダ)

(C)J. A. Kraulis/Masterfile / amanaimages

 パリに次いで世界第二のフランス語圏の都市であり、「カナダのパリ」とも呼ばれる、ケベック州最大の都市モントリオール。この街のランドマークとなっているのが、ボンスクール・マーケットだ。

 横長のネオクラシック様式の建物は、1847年の完成。正面中央にある銀色のドームは当時、港に入る船の目印にもなっていたのだそう。

 完成当初は青果市場が開かれていたが、その後、州の立法議会やモントリオール市庁舎、コンサートホールとしても使用され、そのつど内部は改修された。

 現在は、観光客向けのショッピングモールに。ケベック州の伝統工芸品を売るクラフトョップやギャラリー、レストランが入り、土産物を買う定番のスポットとなっている。

 一帯は、フランスの薫り高い旧市街。ボンスクール・マーケットは館内こそモダンだが、そのクラシカルな外観は街並にしっとりと馴染んでいる。

2016.10.25(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ