今日の絶景

今日の絶景

16世紀のフランス人探検家の勘違いが
カナダという国名の由来となった?

Magnificent View #870
セントローレンス川(カナダ)

(C) Beanstock Images / Masterfile / amanaimages

 五大湖東端のオンタリオ湖から、アメリカとカナダの国境付近を流れ、大西洋へと注ぐセントローレンス川は全長1197キロ。ご覧の風景は、河口に近いケベックシティからの眺めだ。

 1534年、ヨーロッパ人として初めてこの川に到達したのは、フランス人のジャック・カルティエ。当時のフランス国王フランソワ1世が、中南米を植民地化したスペインに対抗し、アメリカ大陸北部に植民地を築くことを計画。船乗りだったジャックに探検を命じたのだ。

 セントローレンス川を探検中、カルティエが出会ったのが、先住民イロコイ族の人々。スタダコナ村(現在のケベックシティ)への道を尋ねたところ、集落を意味する「カナッタ」と教えられ、彼は航海記に、この地を「カナダ」と記した。

 まもなく、探検家や毛皮貿易商たちが次々とこの地に進出し、カナダと呼ばれる地域は拡大。これが後に、現在のカナダという国名になったという。

 現在、セントローレンス川は船旅が人気に。豪華なクルーズ船が行き交っている。

2016.02.17(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ