今日の絶景

今日の絶景

神秘的な風景に満ちた中国の霊峰に
「黄山」という名がつけられた理由は

Magnificent View #1080
黄山(中国)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 中国で水墨画や漢詩の題材にたびたび使われているのが、安徽省にある黄山。昔から「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」とも言われ、多くの文人墨客がここを訪れている。

 黄山といっても、山に黄色の花が咲き乱れているわけではない。その名は、伝説上の皇帝、黄帝がこの山で不老不死の霊薬を飲み、仙人になったという伝説から付けられたものだ。

 岩石が1億年以上も氷河や風雨に浸食されてできた断崖絶壁、海から流れ込む湿った空気が生み出す霧や雲……。幻想的な風景を見ていると、ここが道教や仏教の修行の場となったのも頷ける。

 黄山の中には数々の景勝地があり、全体が世界遺産になっていることから、観光地としても大人気だ。頂上まではふもとからロープウェーで簡単に行くこともできるが、あえて険しい道を歩いてこそ、その神秘的な雰囲気を満喫できるのかもしれない。

2016.09.14(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ