ほっこりドラマティックな天草へ

ほっこりドラマティックな天草へ

地元食材のフードもコーヒーも絶品!
天草を満喫するなごみカフェ7選

旅の疲れを癒してくれるのは、手作りの優しい味

ゆったりと流れる時間に心が和む、天草の極上カフェ。

 行き交う船を眺めるカフェや、森の中のベーカリーカフェ、地元の食材やスローフードを楽しめるカフェバー……。天草の食というと海鮮料理店のイメージが強いけれど、実は個性派カフェが充実している。旅をしている間、寄り道したくなるところがたくさんあって、時間が足りなくなるほどだ。

 上天草市の「麻こころ茶屋(まこころちゃや)」は、オーガニック食材を使った料理やスペシャルティコーヒーが楽しめる食堂カフェ。造船所や民家が並ぶ海沿いの素朴な風景にすっかり溶けこむ建物は、カフェとは気づかず通り過ぎてしまいそう。でも、店内に一歩入れば、そこにはゆったりと時間が流れるなごみの空間が広がっている。

「麻こころ茶屋」はかつての鮮魚店を改装した建物で、外観は今も当時のまま。カフェらしからぬ「髙野鮮魚」の看板が目印。

 手作りの料理は、生産者から直接届いた野菜や果物や肉、オーガニックにこだわった調味料を使ったものばかり。どれも優しい味わいで、移動でちょっと疲れた身体も元気にしてくれる。店内には衣食住に関する雑貨を販売するスペースもあって、料理のできあがりを待つ時間も飽きることがない。

左:日常で使える厳選アイテムが並ぶ販売スペース。
右:インテリアの中に、ふと気づくと、鮮魚店時代の名残も。
店内にコーヒー焙煎所を併設。カウンターで豆を挽く香りにも癒される。

 キッチンに立つのは、オーナーの小澤麻裕さん、朋子さん夫妻。お二人は以前、埼玉県で同名の店を経営していた。レシピ本を出版するほど人気を集めていたさなか、豊かな自然の中でのびのびと暮らしたいと、移住を決意。熊本県内で住まいを探していたところ、天草の海と山に出会い2011年に転居、古い鮮魚店を改装してこの店をオープンした。

「天草は人も温かで、食材もとてもおいしいんです」と小澤さん夫妻。
D.I.Y.で仕上げたという店内は居心地も満点。

 ホームメイドのストックフードも人気だ。もちろん、素材はオーガニックのものが中心。漢方食材を使ったシロップや、天草産の梅と生姜がたっぷり入った万能のタレ、スパイスとナッツの香りが優しいラー油など、どれもオリジナルレシピ。ついつい、お土産もあれこれ買いたくなる。

左:料理に大活躍しそうなストックフードや調味料。天草のお土産になりそう。
右:無農薬栽培の天草産シモン芋の葉のパウダーや生姜、ナッツ、ヘンプハーツなど身体にいいものがぎっしり詰まったオリジナルレシピのグラノーラ。
左:愛犬のためのグラノーラも。
右:パッケージに描かれているワンコは、庭で迎えてくれた店のマスコット犬。

 「麻こころ茶屋」があるのは、湯島行きの船が出る江樋戸(えびと)港の近く。猫とたわむれた島旅の後に立ち寄ってみるのもよさそうだ。

麻こころ茶屋
所在地 熊本県上天草市大矢野町上6586-3
電話番号 0964-27-5657
営業時間 11:00~16:00
定休日 水、木曜
URL http://macocorochaya.life/

<次のページ> “旅する天草”をコンセプトにした港のカフェ

2016.07.20(水)

文・撮影=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ