BLマンガ基礎講座

BLマンガ基礎講座

BL定番カップリングの新たな傑作
ZAKKの『CANIS』シリーズ

【BLの年下ワンコ攻めは鉄板である。】

 BLの始祖的な作品、つまり70年代少女マンガの少年愛を描いた名作群や耽美・やおいと呼ばれたマンガと小説の混合雑誌「JUNE」は、年上(攻)×年下(受)が主流で同級生同士もあるというバランスでした。80年代にそれを「攻は断然年下。しかも受に忠誠を誓ったワンコ的性格で見た目ももふもふしたくなる大型犬」と覆したのが、コミケを発表の場とする同人作家でした。強力に布教したのはマンガ描きと小説書きの2人組「えみくり」。年下攻めのカップルを魅力的なオリジナル作品として描き、人気作家として名を馳せました。

 個人的な見解ですが、やおいがBLへと変容した時期は年下攻めの隆盛とシンクロしていたと思います。あれから30年。若いBL読みに「年下ワンコ攻め」と言っても「なにそれ鉄板やん」と流されるでしょう。

 今やド定番化したこのカップリングに新たな傑作が生まれました。ZAKKさんの『CANIS』シリーズです。

雨の日に仔犬を拾ったら? 恋に落ちるしかないのだ!

 若き帽子職人の沓名(29)には、幼い頃雨の日に仔犬を拾い、その犬と一緒に育った思い出があった。スランプに陥っていたある雨の日、道端に落ちていたリョウ(19)をつい拾ってしまう。行きがかり上、沓名の帽子店を手伝うことになったリョウにはNYマフィアの一員という秘密があった。一方、沓名はNYでショーを開催することになる。本国でリョウを待ち構えていたのは意外な真実だった。

 確かなデッサンとセンスの良さで帽子はもちろん登場人物がすべてファッション誌のように美しい。クリエイションについて深く考察する仕事マンガとしても読める。連作でデビューってすごい。

『CANIS』シリーズ(既刊3冊) ZAKK

CANISは「犬」のラテン語。精神的に分類するとヒト亜科イヌ属の人間が存在するのでは? という問いかけから誕生した物語。ワンコ属性のリョウと犬好き沓名の魂のふれあいを描く。#2後はリョウのボスたちのNY時代を描いてよりノアールな展開に。
茜新社 680円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

福田里香 (ふくだりか)
お菓子研究家。『まんがキッチン おかわり』(太田出版)と文庫版『まんがキッチン』(文春文庫)が好評発売中。

<この記事の掲載号>

CREA 2016年5月号

これさえあれば生きていけるリスト
人生に大事なもの3つ。

定価780円

2016.05.04(水)

文=福田里香

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ