今日の絶景

今日の絶景

アンコール・ワットを超える規模とも
噂される密林に埋もれた巨大遺跡

Magnificent View #709
ベンメリア(カンボジア)

(C) Jochen Schlenker / Masterfile / amanaimages

 カンボジアというとアンコール・ワットが思い浮かぶが、そこから約40キロ離れた森の中にも、壮大な遺跡がある。密森の中にひっそりと眠るヒンドゥー教の寺院遺跡、ベンメリアだ。

 ベンメリアが造られたのは、アンコール・ワットが建造されるより以前の、11世紀末から12世紀初頭にかけて。アンコール・ワットとの類似点も多く、そのモデルとして造営されたという説もある。

 ベンメリアの存在は以前から知られていたが、ポル・ポト政権時代に多くの遺跡が破壊され、周辺に大量の地雷が埋められていたことから、長い間、放置されたままだった。地雷の撤去が進み、ようやく観光客が足を踏み入れるようになったのは、ここ数年のこと。といっても、崩壊が激しいため、見学できる範囲は限られている。

 全貌が明らかになれば、アンコール・ワットを超える規模とも推測されるベンメリア。今後の発掘と修復が期待されている。

2015.09.09(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ