世界遺産の町カンボジアのラグジュアリーホテルで時を忘れる

世界遺産の町カンボジアのラグジュアリーホテルで時を忘れる

アンコールワットのお膝元に
再オープンした名門ラッフルズ

Raffles Grand Hoteld’Angkor
ラッフルズ・グランドホテル・ドゥ・アンコール

ヨーロピアンのゲストには、中庭に通じるテラス付きの客室が人気

花が香るテラスに眠り伝説の庭園を眺める

 1932年の創業以来、世界中からセレブリティを迎えてきた名門。国の内乱を経て閉館していたが、97年、ラッフルズ・グランドホテル・ドゥ・アンコールとして再オープンを果たした。

 伝説に彩られた館内は、現在も創業時の雰囲気を留めている。フレンチコロニアル様式に薫る、クメールのエッセンス。凜としてサービスに努めるスタッフたち。

 客室にはシルクのバスローブが用意され、24時間、バトラーが控える。何もかもが、クラシカルで優雅だ。

天蓋付きのベッドの向こう、端正な中庭とプールを見渡す客室カバナ・スイート。高い天井や木の床に、気持ちが落ち着く

 ダイニングやバー、スパなど、パブリックスペースは、名門にふさわしい充実ぶり。なかでも、王室に伝わる宮廷料理が味わえるレストラン“ル・グランド”は見逃せない。

 ここでしか知ることのできないカンボジアの最高がある。

Raffles Grand Hoteld’Angkor (ラッフルズ・グランドホテル・ドゥ・アンコール)
住所 1 Vithei Charles de Gaulle, Khum Svay Dang Kum, Siem Reap
電話番号 63-963-888
URL www.raffles.com/siemreap
宿泊料金 ステート・ルーム445ドル~、ランドマーク・ルーム475ドル~、パーソナリティ・スイート670ドル~など
客室数 119
日本国内の問い合わせ先 フェアモント ラッフルズ ホテルズ インターナショナル (電話 03-3211-8039)

2011.12.23(金)

text:Masami Uwabo
photographs:Toshikazu Sato
coordination:FSUN Tourist

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2012年1月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ