伊藤美佐季のジュエリーのある人生

伊藤美佐季のジュエリーのある人生

貴婦人のような気品を持つパール
MIKIMOTOのブレスレット&ペンダント

MIKIMOTO
パールのブレスレット&ペンダント

優しくうずを巻きながら吹く風にインスパイアされた新作。「A World of Creativity」ペンダント(WG×白蝶真珠×ダイヤモンド)1,100,000円、〈左手〉一連ブレスレット(一番上はWG×あこや真珠、それ以外はすべてSIL×あこや真珠)上から順に44,000円、69,000円、69,000円、43,000円〈右手〉4連ブレスレット(WG×あこや真珠×ダイヤモンド)411,000円/ミキモト

 私たち日本人にとって、一番親近感があり、かつ人気のあるジュエリーはパールではないでしょうか?

 多くの人が何かしらのアイテムを持っているジュエリーの定番的存在だと思いますが、実はひと口にパールと言ってもさまざまな種類があり、それぞれに個性があります。私が女性像を考えながらパールを選ぶとき、最も気を付けるのは「珠のサイズ」。珠の大きさは成熟度を反映するからです。例えば、小粒のベビーパールは若々しい印象、あこや真珠なら端正、大粒の白蝶真珠は艶のある色っぽさというように、大粒になればなるほど年齢を重ねたからこそ似合う迫力が出てきます。

 今回は、大粒の白蝶真珠があしらわれたブレスレット&ペンダントと、4連のあこや真珠のブレスレットを重ね付けしました。白蝶真珠の湛える貴婦人のような気品とバランスを取るには、清楚なあこや真珠のブレスレットひとつでは少し物足りない。あこや真珠をいくつか重ねることで、白蝶真珠に匹敵するオーラを放ち、双方を美しく引き立てる効果が生まれます。パールの個性を見極めて、今の自分に似合うものを選びとる――そのセンスを磨くことで、定番的なパールのお洒落から一歩進んだ、自分らしいパール使いが楽しめるようになるはずです。

〈左手〉大粒の白蝶にダイヤモンドの光が連なる新作。「A World of Creativity」ブレスレット(WG×白蝶真珠×ダイヤモンド)2,200,000円、〈右手〉4連ブレスレット(WG×あこや真珠×ダイヤモンド)411,000円/ミキモト 頭に巻いたケープ170,000円/ロイヤル チエ ニット41,000円/クルチアーニ(クルチアーニ 東京ミッドタウン店)

CREA世代にオススメしたいのは、シンプルなパールから一歩進んで、個性の違うパール同士を上手にミックスするコーディネート。

伊藤美佐季(いとうみさき)
ジュエリーディレクター。30代でイタリアに遊学、帰国後スタイリストに。ジュエリーや洋服のスタイリングのほか、ジュエリーに関する講演なども行う。

<この記事の掲載号>

CREA 2015年1月号

食べて遊んで朝、ひる、晩!
台湾でできること。

定価780円

2015.01.04(日)

photographs=Masashi Ikuta(makiura office)
styling=Misaki Ito
hair=Koichi Nishimura(angle)
make-up=FUSAKO(ota office)
model=Charleen Weiss
text=Miwako Yuzawa

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ